インドの23歳男性、生後6カ月のまま成長がストップ 外見や精神年齢も幼児のまま

記事まとめ

  • インドで1995年に生まれたマンプリートさんは1歳になる頃には成長が止まったという
  • 一部の学者は小人症とも言われる世界でも300ほどしか例がないラロン症候群と見ている
  • マンプリートさんは12歳の頃から地元で「ヒンズー教の神の化身」と崇められている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております