イギリスで爪を噛む癖のある男性が感染症から敗血症に 多臓器不全で死に至る寸前

記事まとめ

  • 英サウスポートで倉庫オペレーターとして働く2児の父親ルーク・ハノマンさん
  • 爪の脇の皮膚を噛んでいてインフルエンザのような症状が出始め、病院に搬送された
  • 感染症から敗血症を起こしており、このまま処置をしなければ死に至っていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております