ロイヤルウェディングの質問に英女優「もう勘弁して。放っておいてあげなさいよ」

ロイヤルウェディングの質問に英女優「もう勘弁して。放っておいてあげなさいよ」

ロイヤルウェディングの質問に英女優「もう勘弁して。放っておいてあげなさいよ」の画像


おそらく「英女優として、アメリカで女優として活動していたメーガン・マークルさんの王室入りを大歓迎したい」といったコメントが欲しかったのであろう。このほど早速イギリス出身の名女優エマ・トンプソンに『Sky News』がコメントを求めたところ、以下のように語ったという。

「悪いけど、皆さんにシェアできるような考えなんて何ひとつないわ。」
「私なんてまるで…。あのね、実を言うと、私はこの結婚について考えることもないの。来年はウチの息子が結婚するのよ。だからそっちの方がよっぽど準備とか大変なわけ。」
「でも本当に(ヘンリー王子の結婚につき)話すことなんて何もないわ。」

それでもインタビュアーは引き下がるどころか、エマに対し「お二人の幸せを願っていますか?」と質問。エマはつい「しつこい」と思い苛立ったのだろう、このように答えている。

「もちろんYESよ。でも私はあの人達を知らないの。だから(そんな質問は)もう止めて、いい?」
「『ロイヤルウェディングについて話しましょう』とか、そういうのはもう止めなさいよ。可哀想に。放っておいてあげなさいってこと。」

欧米はもちろんのこと世界中のメディアがヘンリー王子の結婚を大々的に取り上げているが、「知人でもないのに、どう思うか聞かれても…」というセレブもいるのだ。しかしここまで正直に語ったエマに、お祝いムードに包まれる英国の人々も少なからず驚いたであろう。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト