アメリカで花火を投げて山火事を引き起こした15歳少年に40億円の支払い命令

記事まとめ

  • 当時15歳だった少年はオレゴン州にあるイーグル・クリークの森に花火を投げ捨てた
  • 約194平方キロメートルを焼失し、152人が山道で身動きが取れなくなった
  • 保護観察や地域奉仕活動命令、謝罪文を書くことのほか約40億円の賠償令が言い渡された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております