英ウェールズの3歳男児、死の淵を3度さまよい心的外傷後ストレス障害と診断される

記事まとめ

  • 英ウェールズ・カーディフで先天性心欠損を告げられながら帝王切開で生まれたセオ君
  • 合計8か月の入院生活や、心臓や胃など度重なる手術によりトラウマを抱えた
  • 冷や汗をかいたり不眠に悩まされ3歳でPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております