草なぎ剛主演舞台『バリーターク』千秋楽 稲垣吾郎が感慨「本当に大変なお芝居…皆の宝物」

草なぎ剛主演舞台『バリーターク』千秋楽 稲垣吾郎が感慨「本当に大変なお芝居…皆の宝物」

草なぎ剛主演舞台『バリーターク』千秋楽 稲垣吾郎が感慨「本当に大変なお芝居…皆の宝物」の画像


6月17日、草なぎ剛がSNSで「バリーターク千秋楽無事終了! 鳴り止まぬ拍手! (自分で言うか? 僕の一生の宝物にします!」「ありがとう! バリーターク! そしてこの作品を応援してくれたなかまの皆さん、ありがとう!」とツイートしている。

稲垣吾郎がそれを受けて「バリータークお疲れ様でした」と労い、「本当に大変なお芝居。。草なぎ君が演じた一瞬一瞬、皆んなの宝物になったんだよ」(原文ママ)と言葉を送った。

稲垣は5月22日にオフィシャルブログで、舞台『バリーターク』を観劇した感想を綴っている。「やや難解な作品だという前評判…」と明かしつつ、独特な世界観ではあったが彼なりに「解釈やヒントを見つけてからは、スーッと物語に溶け込み…架空の世界に誘われている自分がいました」という。

さらに「スイッチが入ると役に憑依しコントロール出来なくなる草なぎ君も魅力ですが…」と切り出し、「舞台人」である松尾諭、小林勝也と白井晃による「繊細で緻密な演出」が草なぎの手綱を引いて「素晴らしい作品に仕上がっていました」と絶賛する。

それぞれ持ち味は違うが、稲垣吾郎も草なぎ剛も役者として優れた作品を残しており、お互いにリスペクトし合っていることが伝わってくる。

また、香取慎吾も5月25日にインスタで舞台『バリーターク』の世田谷シアタートラム公演を観た感想を「やっぱり舞台の上の草なぎ剛は最強だ」と綴っており、仲間の活躍に「涙が出た」という。

そんな3人の出演による映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日より2週間限定公開)のシリーズ第2弾制作が決定しており、どのようなものになるのか楽しみだ。

画像は『稲垣吾郎 2018年5月22日付オフィシャルブログ「余韻に浸る」』『草g剛 2018年6月17日付Twitter「知らない自分に会えたよ。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト