額に銃のタトゥーを持つ男、銃器所持違反で逮捕(米)

額に銃のタトゥーを持つ男、銃器所持違反で逮捕(米)

額に銃のタトゥーを持つ男、銃器所持違反で逮捕(米)の画像


サウスカロライナ州グリーンビル警察が6月19日、Facebookにある男のマグショットを公開した。マイケル・ヴァインズというこの男は、グリーンビルのダウンタウン南西部で交通事故を起こしたことから、違法で銃器を所持していたことが判明した。

ヴァインズは、免停中にスピードを出して車を運転し事故を起こしたようだ。しかし現場に警察が到着する前、所持していたSmith&Wesson(スミス&ウェッソン)社の38口径リボルバーを草むらに投げ捨てた。事故現場に駆けつけていた消防署員がその光景を目撃しグリーンビル警察に知らせたところ、ヴァインズが連邦政府から銃器所有を禁じられていることが分かった。グリーンビル警察のFacebookには、まるで銃器所持をほのめかすようなタトゥーを額に大きく彫ったヴァインズのマグショットが公開されており、いずれにしても彼が何らかの犯罪に関係していると想像することは困難ではなかったであろう。現在、拳銃は証拠品として押収され、ヴァインズは免停中に運転していた容疑、スピードを出して運転していた容疑、銃器所持違反の容疑で逮捕されている。

なお2017年2月にワシントンD.C.で身柄が拘束された常習的犯罪者のマグショットが警察により公開されたが、こちらも一度見たら忘れられない風貌であった。また2016年4月には、フロリダ州でマリファナ密売容疑により逮捕された男の左右の人相が全く違うという前代未聞のマグショットも話題になった。

画像は『Greenville Police Department 2018年6月19日付Facebook「Michael Vines is federally prohibited from possessing a firearm, but it didn’t stop Vines from allegedly tossing a fully-loaded S&W.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト