森口博子、藤井フミヤからの温かいメッセージ明かす「かげながら応援しているよ…」

森口博子、藤井フミヤからの温かいメッセージ明かす「かげながら応援しているよ…」

森口博子、藤井フミヤからの温かいメッセージ明かす「かげながら応援しているよ…」の画像


博多華丸は彼女が国歌独唱をする前に楽屋を訪れ「先輩の国歌ば聴きに来ました!」と激励してくれた。タモリ、森口博子、博多華丸、氷川きよしは福岡市立高宮中学校出身で知られるが、森口は華丸の言葉に「小・中の先輩にプレッシャーかけたら、いかんよ(笑)」と返しており小学校も同じようだ。

藤井フミヤは福岡県久留米市出身なので福岡市とは少し離れているものの、森口にとっては福岡県出身の先輩歌手である。

彼女が国歌独唱の大役を終えてスタンドでホークスを応援している時に藤井と出会い、「ユニフォーム、フミヤさんが袖を通したの頂きました」「その場で着せてくれて、優しい先輩」とそのユニフォーム姿を披露した。

そんな藤井フミヤから後日、LINEで温かいメッセージが届いたという。森口は「影ながら応援しているよ」「恋もね」(原文ママ)とその内容を明かし「少々お待ちを(笑)」とブログを通して答えるのだった。

80年代アイドルのなかバラドルとして活躍した森口博子だが、歌の上手さには定評がある。特に『ガンダム』シリーズのテーマ曲は根強い人気があり、ニューシングル『鳥籠の少年』はレコチョク・ジャンル別部門でウィークリーランキング1位を記録した。

美人で明るい性格なのにスキャンダルはほとんど耳にしない。50歳とは思えぬほど魅力的なので、そろそろ「恋」の噂があっても良さそうだ。

画像は『森口博子 2018年7月19日付オフィシャルブログ「フミヤさん、華ちゃんと応援!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト