飛行機内で低血糖と高熱で倒れた乗客を2人の医学生が救う 「未来の医師による素晴らしい仕事」と称賛(米)

飛行機内で低血糖と高熱で倒れた乗客を2人の医学生が救う 「未来の医師による素晴らしい仕事」と称賛(米)

飛行機内で低血糖と高熱で倒れた乗客を2人の医学生が救う 「未来の医師による素晴らしい仕事」と称賛(米)の画像

このほどアメリカからギリシャへ向かう飛行機の中で、乗客の1人が低血糖と高熱の症状で倒れてしまうという緊急事態が発生した。すぐに客室乗務員が機内アナウンスで乗客の中に医師や医療従事者がいないか確認すると、名乗り出たのは2人の医学生だった。学びの途中であったにもかかわらず2人は地上の医師と連絡を取りながら処置を行い、無事に回復させることができたという。2人の勇気ある行動に「プロ意識が素晴らしい」など2人を絶賛する声が集まっている。『Fox News』などが伝えた。


米ルイジアナ州ニューオーリンズにある州立大学「LSU Health Sciences Center」に通う2年生のヘザー・デュプレシさん(Heather Duplessis)とローレン・バグナリスさん(Lauren Bagneris)は、学業が忙しくなる前に2人で旅行に出かけることにした。

ギリシャへ向かう飛行機に乗っていると、機内で体調不良を訴える乗客が出たようで、乗客の中に医療従事者がいないか確認するアナウンスが流れたという。

2人は様子を見守っていたものの誰一人名乗り出る者はいなかった。この状況にヘザーさんとローレンさんは医学生であると身分を明かし、患者の様子を診ると名乗り出たのだ。

体調不良を訴える女性の容体を確認すると、低血糖とみられる症状や高熱が確認された。また女性は糖尿病を患っており、長時間食べ物を口にしていなかったということも判明した。2人は熱を下げるために女性の身体を冷やし、機内にあったジュースや食べ物で糖分の補給を行った。

淡々と作業をこなしているように感じるが、医学を学んでいるとはいえ実際の現場に遭遇して患者を目の前にするというのは相当緊張したに違いない。それでもヘザーさんとローレンさんは、2人でやれることをやろうと立ち上がったのだ。

ローレンさんは「地上にいる医師と連絡を取りながら、血圧の測定や心拍、血糖値などの測定を行い、女性の容体を確認しました。その医師の指示のおかげで、的確な処置を行うことができました」と当時の状況を明かした。

2人が冷静に対応していると、次第に女性は症状が改善し、飛行機は無事に目的地に着いたという。

この出来事を同大学がFacebookに投稿すると「未来の医師による素晴らしい仕事だね」「この女性は医学生2人が乗っていた飛行機で本当にラッキーだったよ」「プロ意識のある2人の行動は、本当に誇りに思ってほしいね」「2人は確実に良い医者になるよ」「学生だとしても、命を救おうと立ち上がる姿勢がすごい」と絶賛の声が多数寄せられた。

今後ヘザーさんは産婦人科医を目指して母体胎児医学を、ローレンさんは心臓病学と栄養学を専門に勉強していきたいと明かしている。

ちなみに機内で医療の手が必要な事態に陥った時、医師が偶然居合わせるというケースは過去にいくつか報告されている。機内で2人の医師が出産に立ち会うという例や、機内で乗客が膀胱破裂の危機に陥り、医師が救ったという事例もあり、医師は地上だけでなく上空でも活躍している。

今回の経験はヘザーさんとローレンさんがキャリアに向けて勉強していく中で、大きな心の支えになるに違いない。

画像は『LSU Health Sciences Center 2021年6月27日付Facebook「Two LSU Health New Orleans medical students on a flight to Greece were sure in the right place at the right time.」』『WDSU 2021年6月27日付「Two LSU Health New Orleans medical students help passenger who fell ill on flight」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)