虐待により視力を失いながらも今を全力で楽しむ犬 新しい飼い主は「たくさんの幸せな時間と経験を」(英)<動画あり>

虐待により視力を失いながらも今を全力で楽しむ犬 新しい飼い主は「たくさんの幸せな時間と経験を」(英)<動画あり>

虐待により視力を失いながらも今を全力で楽しむ犬 新しい飼い主は「たくさんの幸せな時間と経験を」(英)<動画あり>の画像

虐待によって失明し、脳ダメージによる発作に苦しんでいた犬は、心優しい飼い主に引き取られて辛すぎる過去など感じさせないほど今を全力で楽しんでいる。「たくさんの幸せな時間と経験を」と話す新しい飼い主の配慮で障害物や人の少ない海に連れて行ってもらい、大はしゃぎする姿に「なんだか涙が出た」と多くの人が心を打たれている。『Metro』などが伝えた。


6月30日、アン・アシュモアさん(Anne Ashmore、57)とジョン・アシュモアさん(Jon Ashmore、57)夫妻は、愛犬の“アンガス(Angus)”とともに英北西部アウター・ヘブリディーズ諸島を訪れた。

アンガスは2年ほど前に、アンさんとジョンさんのもとにやって来たという。

アンさんは「悲しいことに、アンガスは以前の飼い主から虐待を受けており、脳にダメージを負って視力を失ってしまいました。脳の損傷による発作にも苦しんでいて、錠剤を一日に3回服用しています。アンガスは人が多い場所を怖がり、他の犬がいる場所でも怯えてしまいます。虐待を受けていたことを考えれば当然の反応だと思います」とアンガスの暗い過去について明かした。

目の見えないアンガスが浜辺を駆け回って楽しむためには、事故を防ぐため周囲に障害物だけではなく人や犬もいないことが重要となる。

「アンガスは海が大好きなので、なるべく他の人や犬に会わずに楽しめるような、静かな場所を探して連れて行っています」とアンさんは話しており、今回訪れた浜辺にはわずかな人しかいなかったので、アンガスは周囲に気を遣うことなく全力で海を楽しむことができたのだ。

「アンガスが完全にリラックスして楽しめる、完璧な場所でしたね」とアンさんは嬉しそうに話した。

浜辺で遊ぶアンガスの様子を撮影した動画には、全速力で駆け回る姿が映っている。ジョンさんやアンさんに駆け寄るアンガスは、全身で海を感じて楽しんだようだ。

この動画をアンさんがアウター・ヘブリディーズ諸島のFacebookグループに投稿すると、「アンガスの楽しそうな姿を見ることができて、とても嬉しいよ」「何だか言葉にならないね」「本当に心温まる動画だ」「こんなに素敵な動画をシェアしてくれてありがとう!」「純粋に楽しむ姿に涙が出る」と多くの人がアンガスの姿に心を打たれたようだ。

ちなみにアンさんの娘であるベッキーさん(Becky)も盲目の犬を飼育しており、このおかげでアンさんやジョンさんはアンガスに適切なケアを行えているという。

アンさんは「アンガスは視力を失いましたが驚くべき聴覚や嗅覚を持っていて、私たちが何かに気がつく前に吠えて知らせてくれるんです。家では物にぶつかってしまうこともありますが、よく適応していると思います。散歩中に段差があると私たちは『段差だよ』と大きな声で教えてあげるのですが、アンガスはしっかりと足を上げて歩くんですよ」とアンガスの普段の様子を語った。

アンガスは以前の飼い主のもとから救い出され、動物保護団体「Radar dog rescue」にて保護されていたが年齢は不明だという。

アンさんは「どのくらい長くこの子と一緒にいられるのかは分かりませんが、私たちはアンガスにたくさんの幸せな時間と経験をあげたいと思っています」とコメントしている。

画像は『Anne Ashmore 2021年7月2日付Facebook「Adorable Angus living his best life!」、2021年6月30日付Facebook「Thank you to this beautiful island for giving our doggie the best experience ever.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)