助けを求めて民家の戸を叩いたネズミ、元ペットと判明し無事に保護される(英)

助けを求めて民家の戸を叩いたネズミ、元ペットと判明し無事に保護される(英)

助けを求めて民家の戸を叩いたネズミ、元ペットと判明し無事に保護される(英)の画像

ネズミが助けを求めて民家に訪れるというメルヘンな話題がイギリスより届いた。ネズミの姿を見れば大半の人が悲鳴を上げてしまうが、発見者はこのネズミが元ペットであると気付き保護したという。飼い主は現れなかったが、おとぎ話のようなこの件が早く終わりを迎えるようにと“プリンス・チャーミング”と名付けられてケアを受けているそうだ。『Metro』などが伝えている。


英チェシャー州ウィンスフォードにある民家で、扉に取り付けた猫用ドアから不思議な音を住人が耳にした。確認してみると、1匹のネズミが中に入ろうとよじ登っていたという。

そんな状況に遭遇したら叫び声を上げて逃げ出したくなってしまうかもしれないが、この住人はネズミに慣れていたのか冷静に観察し、ネズミの様子からペットとして飼育されていたことに気付いた。

そこで住人は害獣駆除業者に電話するのではなく、英国動物虐待防止協会(Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals、以下RSPCA)に連絡した。現場に到着したRSPCAのスタッフであるカレン・グッドマン=ジェームズさん(Caren Goodman-James)は、発見者と共に近所にポスターなどを貼り、Facebookにも投稿して1歳であるというこのネズミの飼い主を探した。

しかし残念ながらネズミの飼い主は現れなかったため、今月11日にカレンさんはこのネズミをサルフォード市にある支部へ持ち帰った。

同支部のマネージャーであるスージー・ヒューズさん(Susie Hughes)はこのように明かしている。

「勇敢にも猫用の扉をよじ登ろうとしていたこの子は、とてもお腹が空いていてすぐにケアが必要な状態でした。」

「この子はとてもフレンドリーで優しい性格です。本当に愛らしいので、私たちはおとぎ話のような今回の件が早く終わりを迎えるように願いを込めて“プリンス・チャーミング(Prince Charming)”と名付けました。」

プリンス・チャーミングの尻尾には天敵に襲われたとみられる傷があり、献身的なケアを行いながら新しい家族を見つけるという。

なおネズミをペットとして飼育することについて、RSPCAはその責任を以下のように訴えている。

「ネズミは夜間や明け方、夕暮れ時に活発に活動します。知能が高く非常に社会的で、触覚や嗅覚にも優れた動物でもあります。」

「ネズミのニーズは複雑で世話をするのは簡単ではありませんが、そのニーズを満たせばとても世話のしがいのある動物であり、親密な関係を築くことも可能です。」

「ネズミの寿命は約2年ですが、それより長く生きる可能性もあります。他のペットに比べれば短く感じますが、それでもネズミを飼育することには大きな責任が伴い、献身的な世話が必要になります。」

画像は『Metro 2021年8月23日付「Rat caught sneaking through cat flap is rescued and named Prince Charming」(Picture: RSPCA)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)