大分県別府市の下着泥棒「700枚超が押収され逮捕」が海外でも報道され失笑を買う

大分県別府市の下着泥棒「700枚超が押収され逮捕」が海外でも報道され失笑を買う

大分県別府市の下着泥棒「700枚超が押収され逮捕」が海外でも報道され失笑を買うの画像

海外で政治経済以外の日本のニュースは頻繁に報じられることはないが、このほど大分県別府市にて女性の下着を盗んだ疑いで56歳の男が逮捕されたことが『New York Post』『Insider』など海外メディアが伝えた。自宅からは男が盗んだとされる730枚もの女性の下着が別府警察署に押収され、それらが綺麗に陳列されて公表されたことで海外のネットユーザーを驚かせている。


今月6日、米メディア『New York Post』が伝えた日本で起きた事件が注目を集めている。同メディアはニュースサイト『ABEMA TIMES』が伝えた内容を引用し、「コインランドリーから730枚の女性下着を盗んだ男が逮捕」と見出しをつけている。

この事件は大分県別府市の職業不詳・裏田鉄雄容疑者(56)が、8月24日午後11時頃に市内のコインランドリーで女性の下着6点を盗んだ容疑で逮捕されたものだ。別府警察署によって裏田容疑者の自宅からおよそ730枚もの女性の下着が押収された。

米メディア『NY Daily News』では、下着の窃盗は不思議と日本では珍しい犯罪ではないとして、今年3月に女児の下着やスクール水着424点を警察に押収され窃盗容疑で逮捕された佐賀県の30歳の男と、2019年に大分県の当時40歳の会社員の男がコインランドリーから女性の下着を盗み自宅から1100枚もの女性の下着が警察に押収された事件も伝えている。

今回の事件では警察が押収したおよそ730枚もの下着が並べられた写真が公表され、海外のネットユーザーから失笑を買うこととなりこのような声があがった。

「正真正銘の変態野郎だな!」
「こりゃあ、かなり熱心なコレクターだね。」
「やれやれ、日本ではこんな女性の下着泥棒が日常的に頻繁に起こっているのか!?」
「警察がこんな風に並べる必要があったのか?」
「なんてこと! こんな記事見つけちゃったけど、笑いが止まらなくなっちゃったわよ。」

また米メディアだけでなく、ロシアの国営テレビ局が運営するニュースメディア『RT』でも報じられ、今回の日本で起きた変質的な事件が世界に露呈してしまったようだ。

画像は『New York Post 2021年9月6日付「Man busted for stealing 730 pieces of women’s underwear from laundromats」(Beppu City Police Office)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)