バーに行ったきり行方不明だった男性 3日後に森の中で発見「死ぬかと思った」(タイ)

バーに行ったきり行方不明だった男性 3日後に森の中で発見「死ぬかと思った」(タイ)

バーに行ったきり行方不明だった男性 3日後に森の中で発見「死ぬかと思った」(タイ)の画像

今月3日午後11時、タイの森の中で水溜まりに寝そべっている男性が発見された。この男性は3日前の夜に「バーに飲みに行く」と妻に伝えて出かけた後、行方が分からなくなっていた。同時期に、別の地域でも高齢男性が道に迷い3日間行方不明になっていたが、ともに原因はスコールに見舞われたことにより方向感覚を失ってしまったことだったという。『The Mirror』などが伝えた。


オランダのユトレヒト出身で現在はタイのペッチャブリー県に暮らすフランシスクス・ヨハネス・ファン・ロッサムさん(Franciscus Johannes van Rossum、78)は先月31日午後、地元のバーを訪れた。

しばらくすると妻でタイ人のラコット・チャーンウィジットさん(Rachot Chanwijit、61)がなかなか帰ってこないフランシスクスさんに電話をかけたが応答がなく、心配して彼が飲みに行ったバーに向かった。バーの店主にフランシスクスさんについて尋ねると「午後2時から5時までチャーン(タイのビール)をボトルで5本飲んだ後、バイクで店を出た」という返答だった。

そして翌日の9月1日早朝、ラコットさんのもとにフランシスクスさんから電話がかかってきた。フランシスクスさんは帰宅途中にスコールに見舞われたことで道に迷ってしまい、コンタバン(Khong Ta Bang forest)という森の中に入ってしまったが、正確な場所は分からないと話したそうだ。

しかしこの電話の途中、激しい雨のせいで電波が切れてしまったという。その後しばらく電話は繋がらなかったが、翌日の午前に再びフランシスクスさんから電話がかかってきた。ラコットさんは「彼は携帯電話の充電が無くなりそうで、バイクの燃料も底を尽きたと話していました。疲れ切っていて助けを求めていたので、警察に連絡しました」と当時を振り返った。

警察の捜査によると、僧侶のフラモンコル・マンハーロさん(Phramongkol Mangkharo)が酔った様子で僧院の前にバイクを停めるフランシスクスさんの姿を目撃したという。だが彼がどこへ向かったのかは分からなかった。

また監視カメラが最後にフランシスクスさんの姿を捉えたのは、バーから約40キロも離れたケーンクラチャン郡という地域だった。

こうした情報をもとに警察と地元のボランティアが懸命に捜索を続けると、9月3日午後11時にフランシスクスさんのバイクを見つけ、その近くで水溜まりの上に横になっているフランシスクスさんを発見した。発見時のフランシスクスさんは脱水と疲労、空腹状態で多数の蚊に刺されていたが、幸いにも深刻なケガは無かった。

フランシスクスさんは「死んでしまうと思っていました。電池の充電は無くなりバイクもガス欠状態で、雨も降っていて食べるものもありませんでした」と当時の苦しい状況を振り返ったが、「地元の人たちの声が聞こえた時はホッとしました。本当に助かりましたし、再び妻に会うことができて嬉しいです」とも明かしている。

実はタイ東北部のコーンケン県でも72歳のイギリス人男性が今月1日から3日間行方不明となり、最終的に山の上で発見されていた。この男性はバイクで森の中に入った後、歩いて山登りを楽しんでいたが道に迷ってしまった。途中で激しい雨に見舞われたことで方向感覚を失い、バイクのある場所まで戻れなくなってしまったという。

タイにおいて6〜10月は1年で最も雨が降る季節であり、毎日1〜2時間の激しいスコールが降る。今回フランシスクスさんも土砂降りの雨のせいで道が分からなくなってしまっているので、スコールの際には雨が止むまでその場に待機するのが賢明なようだ。

画像は『Metro 2021年9月8日付「Man pops to the pub for a pint and ends up lost in the Thai jungle for four days」(Picture: Viral Press)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)