15歳で出産した女性 現在36歳で12人目を妊娠中も「我が子は18歳までデート禁止」(米)<動画あり>

15歳で出産した女性 現在36歳で12人目を妊娠中も「我が子は18歳までデート禁止」(米)<動画あり>

15歳で出産した女性 現在36歳で12人目を妊娠中も「我が子は18歳までデート禁止」(米)<動画あり>の画像

14歳で第1子を妊娠し、1歳から21歳までの11人の子を育てる36歳の女性が、SNSで12人目を妊娠中であることを明かした。「母親は天職」と語る女性のこれまでの人生を、『The Sun』『New York Post』などが伝えている。


米ニューヨーク州シラキュース在住のティックトッカー、ヴェロニカ・メリットさん(Veronica Merritt、36)は、中学3年生(9th grade)だった14歳の時に生理が2か月ほど遅れ、母親と訪れた病院で妊娠を知った。

15歳で第1子を出産したヴェロニカさんには現在、21歳から1歳までの11人の子供がおり、今月初旬にはTikTokで12番目の子を妊娠したことを明かした。

ヴェロニカさんは長女ヴィクトリアさん(Victoria、21)を出産後に結婚したものの、長男アンドリュー君(Andrew、16)が誕生後に離婚。その後、マーティさん(Marty、37)と出会って再婚し、次男アダム君(Adam、15)、次女マーラちゃん(Mara、13)、三男ダッシュ君(Dash、12)、三女ダーラちゃん(Darla、10)、四男マーヴェラス君(Marvelous、8)、四女マータリアちゃん(Martalya、6)、五女アメリアちゃん(Amelia、4)、六女デライラちゃん(Delilah、3)、五男ドノバン君(Donovan、1)を授かった。

36歳のヴェロニカさんは計8年半以上も妊娠していたことになるが、『The Sun』には「最終的には17人の子供が欲しい」と明かしている。

ヴェロニカさんは「私は15歳で長女を出産し、家を出たの。おむつの替え方は看護師に教えてもらい、叔母の家で世話になりながら子育てをしたわ。不安でうつに悩まされたけど、高校は優秀な成績で卒業したのよ。そんななか、唯一心の拠り所にしていたのが詩を書くことと絵を描くことだったわ」と当時を振り返り、こう続けた。

「その後18歳でアパートを借り、19歳で長男を産んだわ。ただ最初の夫は別の女性を妊娠させてね。彼とは別れ、今の夫と出会って9人の子を授かったの。カレッジに行きたくて二度も挑戦したけど、2回とも病気になってしまってね。私は腎臓に疾患があり、昨年は腎臓の1つを摘出しているの。」

「11人も子供がいるのは、母親でいることが好きだし成長をみるのが楽しみだから。私は高校を卒業するまでは避妊をしたけど、その後は血栓ができやすいので経口避妊薬は飲んでいないし、これからも使わないでしょうね。だから子供たちは全員が計画的だったわけではないの。本当はもっと子供が欲しいけど、大きな病気をした後だし今年初めには流産もしているので、今後のことは夫との相談次第ね。」

そうは言いつつも、12人目の妊娠が判明したばかりのヴェロニカさん。大人数の子供たちの服や物は色で分けて整理しているそうで、ヴィクトリアさんとマーヴェラス君はピンク(または赤)、アンドリュー君とマータリアちゃんは青の服に統一するなど工夫しているという。

一家は昨年、約230万円(2万ドル)で購入した9ベッドルームの家をリフォームしながら住んでおり、移動には大型バスを購入して使っている。節約家だというヴェロニカさんは「私たちはローンは組んでいないわ。古い家を少しずつ修繕して使っているのよ。約2300万円(20万ドル)もするような家を買う必要なんてないし、貯金をして投資目的で土地を買うほうがずっといいわ」と語っている。

しかしさすがに11人の食費となると安くは収まらず、政府からの援助を受けており、アーティストでもあるヴェロニカさんは「援助は私の絵の売り上げが安定するまでの一時的なものと思っているの。だからあれこれ言わないでちょうだいね」と主張。SNSのコメント欄には「TikTokやInstagramなんてやってないで、きちんと働いて子供たちの世話をしたら?」「税金の無駄遣い」「子供はコレクションではないよ。上の子は否が応でも下の子の世話をすることになる。親の勝手でね」といった厳しい声があがっている。

一方で子供たちの生き生きとした様子や飾らないヴェロニカさんの姿に「12人目! おめでとう」「11人も子供がいるママには見えない」「子供たちが楽しそうで何よりね」「次の子の名前が楽しみ」「私は2人だけしか子供がいないけど、もっと産んでおけばよかったと後悔しているわ。だから動画を楽しみにしているの」といった温かいコメントも寄せられた。

36歳の若さながらユニークな人生を歩んできたヴェロニカさんだが、最近のSNSでは「私は自分の子供たちには18歳になるまでデートを禁止しているの。10代は自分を知り、忍耐や他の人をリスペクトすることを学ぶ時期。13歳と18歳では考え方が違うでしょう。デートすることを急ぐ必要はないと思っているわ」と述べている。

画像は『cesspool of darkness 2021年9月28日付TikTok「And yes I took sex Ed」、2021年8月16日付TikTok「My #teenmom story for the newbies.」、2021年10月2日付TikTok「I’m sorry this is so cringe I’m still sick」』『Thismadmama 2021年7月25日付Instagram「There’s always one!」、2021年8月18日付Instagram「I think I love being pregnant」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)