エリザベス女王のコスプレをした米在住の1歳女の子 英王室から手紙が届く

エリザベス女王のコスプレをした米在住の1歳女の子 英王室から手紙が届く

エリザベス女王のコスプレをした米在住の1歳女の子 英王室から手紙が届くの画像

アメリカに住む1歳の女の子は、昨年のハロウィンにエリザベス女王のコスプレをして楽しんだ。英王室のファンという母親が、思い付きでその写真を英王室宛てに送ると「ぜひ返信を」というエリザベス女王の思いを受けて英王室から代筆の返信が届いたのだ。エリザベス女王も喜んだという女の子の可愛いコスプレ姿を『Nottingham Post』などが伝えている。


英王室からの手紙を受け取ったのは、米オハイオ州在住のケイトリン・サザーランドさん(Katelyn Sutherland)の娘であるジェレイン・サザーランドちゃん(Jalayne Sutherland、1)だ。

ケイトリンさんは昨年のハロウィンで、自身が英王室のファンであることから娘にエリザベス女王のコスプレをさせようと決めた。キレイにカールされた白いウィッグを用意し、ロイヤルブルーのダブルボタンコートにお揃いの色である帽子を被った。帽子には大きな飾りが付けられ、胸元にはブローチやパールのネックレスまで飾られていた。

エリザベス女王に大きな敬意を抱いているというケイトリンさんだが、ジェレインちゃんに今回のコスプレをさせた一番の理由について「愛犬が娘のベストフレンドだったからです」と明かしている。

愛犬家としても知られているエリザベス女王は、これまでロイヤルドッグとして多くのコーギーとともに過ごしてきた。そんな一面を知っていたケイトリンさんは、自身の家で飼っている2匹のコーギーを見てコスチュームのアイディアが浮かんだという。

「皆が一緒に参加できるようなものにしたかったんです」というケイトリンさんの思惑通り、2匹のコーギーに連れられてエリザベス女王の格好で街中を歩いたジェレインちゃんは注目を浴びた。

「ハロウィンのお菓子を貰うために歩いていると、たくさんの人がジェレインのコスチュームを褒めてくれました。すれ違った人がジェレインに向かってお辞儀をしたり、手を振りながら『女王陛下!』と声をかけてくれたりしたのです。」

2匹のコーギーと一緒に歩く可愛すぎるジェレインちゃんのコスプレを見た人々は、本物のエリザベス女王に会った時のように反応してくれたそう。これには頑張って衣装を用意したケイトリンさんも嬉しくなり、そのままの勢いでジェレインちゃんの写真を同封した手紙を英王室へ送ったという。

すると先月、エリザベス女王の女官であるホン・メアリー・モリソンさん(Hon Marry Morrison)から返事が届いた。

「女王陛下は、あなたの手紙と写真に対して感謝を込めて返事を書いて欲しいと私におっしゃいました。女王陛下はあなたからの手紙を嬉しく思っており、素晴らしい衣装を着たジェレインちゃんの写真を見て喜んでいらっしゃいます。」

この手紙には2021年12月9日の日付とエリザベス女王が暮らすウィンザー城の徽章が入っており、手紙の最後には「女王陛下は素敵なクリスマスを過ごせるようにと願っております。またジェレインちゃんが喜ぶと思い、ロイヤルペットの情報を同封しました」と書かれていた。

なお2017年には同じ職場で勤続70年を迎えた89歳女性宛てに、エリザベス女王から祝福の手紙が届いたことも話題を呼んでいた。

画像は『Nottingham Post 2022年1月2日付「Young girl receives letter from Windsor Castle after dressing up as the Queen with her corgis」(Image: Katelyn Sutherland)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)