丸々と太ったネコ、飼い主はダイエット中と主張も「虐待では?」の声(露)

丸々と太ったネコ、飼い主はダイエット中と主張も「虐待では?」の声(露)

丸々と太ったネコ、飼い主はダイエット中と主張も「虐待では?」の声(露)の画像

ロシアで飼われているメスネコの肥満ぶりがInstagramで大きな注目を集め、飼い主への批判が止まらない。飼い主は「ネコはダイエット中」と反論しているが、「ここまで太らせるのは虐待」との声が多数あがっているという。『The Mirror』などが伝えている。


ロシアに暮らすメスネコ“リザーニャ(Liznya)”が、Instagramデビューしたのは2020年初めのことだった。リザーニャのフォロワーは現在9700人超だが、ここ最近はあまりにも肥満すぎるネコを見て飼い主を批判するコメントが相次ぎ、飼い主は次のように反論した。

「リザーニャが太り始めたのは妊娠したことがきっかけで、出産後に体重増加が加速した。『餌を与えすぎ』と言うけど、2019年からダイエットを始めて獣医の指導のもと食事療法を取り入れている。獣医に勧められた餌を食べないことだってあるよ。それに最近は体重が増えていないし、減ってもいない。」

「肥満は飼い主の責任だという声が多数あがっているが、獣医には何度も診てもらっている。そんなに頻繁に病院に連れていくことはできないけれど、必要ならば何度でも診てもらうよ。」

「太らせるのは虐待? SNSで私たちを非難する人こそ私たちを虐待していることになるのでは? そんな行為は脅迫と一緒だよ。リザーニャは歩くこともできるし、狩りの真似をして遊ぶのも好きなんだ。こんなコメントは悲しいよ。」

現在のリザーニャの体重は明かされていないものの、この飼い主には次のような厳しいコメントがあがった。

「私の叔父のネコも肥満だった。でも獣医の指導でエクササイズと食事療法をした結果、2か月で体重が減った。飼い主はダイエットを3年前に始めたのよね? それでも体重が減らないなんて真剣に取り組んでいないからよ。この子はそのうち死んでしまうわよ。」
「甲状腺機能低下症なのでは? 獣医を変えてみるのも手だよ。」
「エクササイズしていないでしょう。床に転がっている投稿ばかりだものね。」
「病気だよ。息をするのも苦しそう。」
「肥満=可愛いという発想は止めるべき。飼い主が餌を与えすぎているか、しっかりしたケアをしていないか…。問題を突き詰めるべき。」
「5年前にこのネコを飼い始めて、3年前から体重が増えているのでしょう。飼い主の責任よ。これは虐待。どんなに否定しても事実。」
「フォロワー集めでしょう。」

ちなみにギネス世界記録(GWR)に登録されている世界で最も体重が重いネコは1986年に亡くなったオーストラリア、クイーンズランド州の“ヒミー(Himmy)”で21.3キロだった。GWRは飼い主が記録達成のために餌を与えすぎることを危惧し、現在は記録更新をしていないという。

なお今月初めには、ロシアに暮らす大型猫のメインクーンが注目を浴びた。体重が12.5キロもあり、犬に間違えられることもあるそうだ。

画像は『Liznya the Cat 2021年12月28日付Instagram「He thicc」、2022年1月4日付Instagram「Cute kitty」、2022年1月19日付Instagram「Happy rolling on the floor」、2022年1月17日付Instagram「The cat is sleeping」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)