7匹の犬を置き去りにして走り去る車 困惑する犬の姿に「胸が張り裂けそう」(英)<動画あり>

7匹の犬を置き去りにして走り去る車 困惑する犬の姿に「胸が張り裂けそう」(英)<動画あり>

7匹の犬を置き去りにして走り去る車 困惑する犬の姿に「胸が張り裂けそう」(英)<動画あり>の画像

白昼の住宅街で車を止め、荷台から次々と犬を降ろしていく怪しい男の姿を捉えた映像がイギリスより届いた。合計7匹の犬を道路に降ろした男は、そのまま車に乗り込むと振り返ることもせずに走り去ってしまった。男は犬を大量繁殖させる悪質ブリーダーとみられており、現在は捜索が続いている。見知らぬ場所で置き去りにされて困惑する犬たちの姿には、「胸が張り裂けそう」など悲痛な声があがっているようだ。『Metro』などが伝えた。


英ウェスト・ミッドランズ州コヴェントリーにある道路で先月30日午後2時半ごろ、怪しい1台のバンが路肩に止まった。不審に思った近隣住民が当時の様子を動画で捉えており、停車したバンから1人の男が降りて荷台の扉を開けると、複数の犬が次々と降りてきた。

降りるのを躊躇している犬もいたが合計7匹の犬を強引に降ろすと、男は運転席に戻っていった。男のあとを追いかける犬もいたが、男は振り返ることもせずに車に乗り込むとそのまま走り去ってしまった。見知らぬ場所に放置されてしまい困惑した犬たちは、その場でウロウロとしていた。

この光景を目撃した住民はすぐに警察に通報し、駆けつけた警察官らが全ての犬を捕まえたという。犬たちを保護することになった英国動物虐待防止協会「The Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals(以下、RSPCA)」の獣医によると、どの犬も被毛が伸びきって絡まっており酷い健康状態だったとのこと。何匹かの犬にはマイクロチップが装着されていたが、中に飼い主などの情報は入っていなかった。

RSPCAの検査官ヴィッキー・テイラーさん(Vicki Taylor)は「撮影された映像は本当にショッキングなもので、バンが走り去る時に困惑し悲しむ犬たちの姿を見て胸が張り裂けそうでした」と心境を明かした。

続けて「保護された犬たちはスパニエルやテリアなどのミックス犬で、犬たちの状態から繁殖用に使われていたのだと疑っています。犬たちからは糞尿の臭いがし、ほとんどの犬に皮膚トラブルがあります。ヨークシャー系の犬は、体毛が酷く絡まっていました」と悲惨な犬たちの状況を説明している。

無慈悲に犬を捨て去る男を捉えた映像には、「こんなに心無い人がいるのか」「この男は早く捕まって欲しいね」「こんなことをするなんて間違っているよ」「なんでこんなに残酷なことができるんだろう」などのコメントが相次いだ。

なお無責任に犬を捨てていく恐ろしい光景は過去にも話題になっており、置き去りにした飼い主の車を必死に追う犬や、自分を捨てた飼い主に必死にすがりつく子犬の姿が涙を誘っていた。

画像は『Metro 2022年1月29日付「Shocking moment van driver dumps seven dogs in street before speeding off」(Picture: RSPCA / SWNS)』『The Coventry Observer 2022年1月28日付「VIDEO – RSPCA appeal to find man who dumped seven dogs from a van in Coventry street」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)