110歳のおばあちゃん、誕生日に自分の年齢を聞かされるも「そんなの信じるもんか」(米)<動画あり>

110歳のおばあちゃん、誕生日に自分の年齢を聞かされるも「そんなの信じるもんか」(米)<動画あり>

110歳のおばあちゃん、誕生日に自分の年齢を聞かされるも「そんなの信じるもんか」(米)<動画あり>の画像

近年は医学の発達に加え食事の変化などから昔と比べて長生きする人が増えているが、このほどアメリカで110歳の誕生日を迎えたおばあちゃんが自分の年齢を改めて聞かされた際にショックを受けつつも、110歳という年齢を否定する姿を捉えた動画が話題となっている。『New York Post』『The Independent』などが伝えた。


米ワシントン州サニーサイドに住むルース・フェアさん(Ruth Fear)が昨年12月8日に110歳の誕生日を迎え、家族によって盛大に祝福された。家族によるとルースさんは高齢ながらもしっかりとした口調で会話をするが、時々記憶が曖昧な時もあるそうだ。

そのためルースさんの誕生日では、孫娘のテリー・トレアンさん(Teri Trayan、47)がルースさんに自分の年齢を思い出させるために「おばあちゃん、何歳になったの?」と問いかける姿があった。するとルースさんは「見当もつかないわ」と返し、このような会話が続いた。

テリーさん「あなたは110歳になったのよ。」
ルースさん「何だって?」
テリーさん「110歳になったの。」
ルースさん「10歳?」
テリーさん「110歳よ。」
ルースさん「そんなの信じるもんか!」

ルースさんは自分の110歳という年齢を信じることができず、口をへの字に結んでテリーさんに言われた自分の年齢を否定している。そんなルースさんにテリーさんが「でもおばあちゃんは21歳にしか見えないし、とってもきれいだけどね!」と優しく言うと、「そりゃそうよ!」と答える一幕もあった。

このルースさんとテリーさんのコミカルなやりとりを捉えた動画は多くの人の心を温かくしたようで、ルースさんに「誕生日おめでとう」といった祝福の声が寄せられた。またルースさんの曽孫にあたるアリッサ・ルーゴさん(Alyssa Lugo、27)にはファミリーの一番末の世代にあたる息子ジュリアン君(Julian、3)がおり、ルースさんは家族5世代の最年長者であると話している。

1911年生まれであるルースさんは、2つの世界大戦、1930年代に起こった世界恐慌、今回のパンデミックを生き抜いて110歳の誕生日を迎えたことになる。そして今回話題となった動画について、アリッサさんは「おばあちゃんのリアクションはとっても貴重で一生大切にしたい動画です」と語っている。

画像は『New York Post 2022年1月28日付「Great-great-grandmother, 110, sweetly shocked when reminded her age on birthday」(SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)