重い感染症から回復した犬、芸の才能が開花し心肺蘇生法を習得(スコットランド)<動画あり>

重い感染症から回復した犬、芸の才能が開花し心肺蘇生法を習得(スコットランド)<動画あり>

重い感染症から回復した犬、芸の才能が開花し心肺蘇生法を習得(スコットランド)<動画あり>の画像

ドッグトレーナーの飼い主の指示に従い、心肺蘇生法を行う犬の動画が話題を呼んでいる。救急バッグを持って床に倒れるダミー人形のもとに駆けつけた犬は、飼い主の合図で胸部を強く圧迫し、口元に鼻を近づけて呼吸を確認するなど一連の行動を完璧にこなして見せた。過去に生死を彷徨うほどの感染症にかかりながらも、それを乗り越えて素晴らしい才能を身につけた犬について『The Mirror』などが伝えている。


スコットランド北東部アバディーン在住のエミリー・アンダーソンさん(Emily Anderson、30)は、コッカースパニエルの“レオ(Leo、2)”を飼っており普段からトレーニングを行い様々な芸に挑戦している。ドッグトレーナーであるエミリーさんは芸達者なレオに心肺蘇生法(CRP)を教え、その練習の成果を記録した動画を自身のInstagramに投稿した。

動画には床に横たわる患者に見立てたダミー人形が映っており、レオが小さな救急バッグを口にくわえて隣に座った。エミリーさんの合図で救急バッグを床に置いたレオは、エミリーさんの「鼻(nose)」という指示を聞き、ダミー人形の口元に鼻を当てて呼吸を確認する。さらに「アップ(up)」という指示を受けたレオは、胸の位置に前足を置くと大きくジャンプして胸部圧迫を5回行い、再び呼吸の確認と胸部圧迫のセットを行った。

エミリーさんは「レオは100万匹に1匹の素晴らしい犬だと思います。覚えるのは不可能だと思ったことでも、レオはそれらの技をたった20分でマスターしてしまうのでいつも驚かされますよ」とレオの賢さに驚嘆している。

そんなレオは、犬が覚えた芸を披露する国際コンテスト「International Trick Dog Competition」の「肉球を使った芸(paw tricks)」という課題の一環として心配蘇生法を学んだそうで、「レオはチャンピオンリーグにおいて6回連続で優勝しているんです」とエミリーさんは誇らしげに語った。

エミリーさんが様々な芸を教え始めたのは、生後8週間のレオを迎え入れてすぐのことだった。犬の障害物競走のトレーニングを行うアジリティクラスに連れて行こうと思っていたがロックダウンの影響で行けなくなってしまったため、代わりに芸を教え始めたという。

「レオを初めて見た時、家に連れて帰る前の時点で相当賢い子であると感じていました」と才能を見抜いたエミリーさんは、もともと飼っていたきょうだい犬である“フィービー(Phoebe)”と一緒に毎週新しい芸のトレーニングを行っている。

レオはこれまでにおもちゃの輪を支柱に重ねたり、洗濯物カゴを開けて中に物を入れ最後に自分で蓋を閉めるといった芸を習得してきた。全てエミリーさんの指示に忠実に従うため、練習中のレオは常にエミリーさんに真剣な眼差しを向けている。

輪入れの芸については、エミリーさんはまずレオに物を口にくわえさせて洗濯カゴに落とすことを教えることから始め、徐々に落とす対象を小さくし、最終的には支柱に輪を落として積み重ねることができるようになったそうだ。エミリーさんは「レオはトレーニング中はとても楽しそうにしていますが、フィービーはおやつをもらうためにやっているようです。フィービーはレオほどトレーニングに熱心ではありません」と2匹の様子を明かしている。

毎日楽しそうにトレーニングを行うレオだが、2020年3月に感染症の一種であるジアルジア症にかかり生死を彷徨うほど弱ってしまったことがあった。通常ジアルジア症は重症にはならないそうだが、レオはショック状態にまで陥るほど悪化してしまったのだ。

数日で回復できたレオだったが精神的なダメージが大きく、それからは不安そうに過ごしていた。以前のように楽しく過ごしてほしいと思ったエミリーさんは、レオの不安を吹き飛ばすためにトレーニングに夢中になってもらおうと練習量を増やしたという。レオの賢さはこうした過去が要因の一つなのかもしれない。

ちなみに2018年にはスペインで、倒れた警察官に警察犬が心臓マッサージを施す訓練の様子を捉えた動画が話題を呼んでいた。

画像は『Emily Anderson 2022年1月15日付Instagram「Leo the first aider!」、2022年1月23日付Instagram「Leo the first aider!」、2022年1月25日付Instagram「CPR dog!」、2021年12月29日付Instagram「Helpful spaniel!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)