子どもたちのワークショップに参加した麻薬探知犬、5ミリの穴から大麻栽培所を発見(英)

子どもたちのワークショップに参加した麻薬探知犬、5ミリの穴から大麻栽培所を発見(英)

子どもたちのワークショップに参加した麻薬探知犬、5ミリの穴から大麻栽培所を発見(英)の画像

特別支援学校の生徒を対象としたワークショップに参加するため会場を訪れていた麻薬探知犬が、隣の部屋に隠されていた大麻栽培所を発見したというニュースがイギリスより届いた。今月2日に裁判が行われ、逮捕された3人の男にはそれぞれ2年以上の有罪判決が下されたが、この麻薬探知犬はトレーニング開始からわずか2週間で大手柄をあげたという。『The Sun』などが伝えている。


昨年11月、英レスターシャー州レスターにあるジムで特別支援学校の生徒たちを対象としたワークショップが開催された。このジムを経営するアヴァター・シングさん(Avtar Singh、53)は、飼い犬でジャーマンシェパードの交配種である“ランボー(Rambo、8)”と一緒に参加した。

ランボーは子どもたちと触れ合うためにやってきたが、ジムに入るや否や壁のニオイを念入りに嗅ぎ始めた。明らかに何かを察知した様子のランボーを見たアヴァターさんは、そばあった5ミリほどの小さな穴から反対側を覗いて確認した。するとその先にはスプリンクラーやヒートランプが設置されており、大きな部屋に大量の大麻の苗が並べられていたのだ。

アヴァターさんは「目を疑いましたよ。栽培器具と一緒に大麻の苗がずらりと並んでいたんですから」と当時の驚きを振り返る。すぐに警察に通報し、現場に到着した警察官が建物の最上階へ向かうと、そこには3人の男が隠れており全員がその場で逮捕された。

今回見事に大麻栽培所を発見したランボーだが、警備会社も経営しているアヴァターさんが番犬として飼っており、基本的には作業時間外で人のいない建築現場の警備を行っていたという。しかしこの事件が発覚する2週間前から麻薬探知犬としての訓練を開始したといい、その訓練の成果が短期間で現れたのだ。

アヴァターさんは「そこには何百、何千という大麻の苗があったはずです。ランボーは賢い犬で、本物のランボーでさえあれだけの量の大麻を嗅ぎつけることはできなかったでしょうね」とアクション映画のキャラクターである“ランボー(Rambo)”を引き合いに出してコメントしている。

この件で逮捕されたのはアルバニア出身のレナード・デマ(Renald Dema、21)、アリ・ホジャ(Ali Hoxha、29)、ジュリアン・ジャク(Juljan Jaku、24)の3人で、今月2日に裁判が行われた。検察官のニール・バニスターさん(Neil Bannister)は法廷で「10〜12センチに成長した大麻の苗が入った布製のバケツが、1993個並んでいました」と詳細を明かしている。レナードら3人は犯行を認めており、フィリップ・ヘッド裁判官(Philip Head)はそれぞれ2年3か月、2年9か月、2年6か月の有罪判決を言い渡した。

レスターシャー州警察のロス・ディモック警部(Ross Dimmock)は「今回の発見は非常に大きなものでした。3人の逮捕に繋がっただけではなく、100万ポンド(約1億5600万円)以上の大麻が社会に出回るのを防ぐことができたのです」とランボーの功績を称えている。

画像は『The Sun 2022年2月4日付「AMAZING TAIL Drugs gang caged after dog named Rambo sniffed out their £1.4m cannabis factory」(Credit: News Group Newspapers Ltd)(Credit: SWNS)』『The Mirror 2022年2月3日付「Trainee sniffer dogs on visit to school find £1.3MILLION drugs haul next door」(Image: Leicestershire Police / SWNS.COM)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)