「雪の塊」と勘違いされた77歳女性、車で2回轢かれるも軽傷(露)<動画あり>

「雪の塊」と勘違いされた77歳女性、車で2回轢かれるも軽傷(露)<動画あり>

「雪の塊」と勘違いされた77歳女性、車で2回轢かれるも軽傷(露)<動画あり>の画像

このほどロシアから、雪が積もる中で高齢の女性が同じ車に2回も轢かれてしまうという衝撃映像が届いた。運転していた男性は駐車場から後方発進で出ようとしたが、十分に確認しなかった上に女性を雪の塊と勘違いしていたという。『The Sun』『The Mirror』などが伝えている。


ロシア連邦のタタールスタン共和国にあるゼレノドルスクで現地時間9日午後1時20分頃、77歳の女性が車に轢かれて病院に搬送された。当時の様子は付近に設置されていた監視カメラによって撮影され、その映像がSNSに拡散されると多くの人に衝撃を与えた。

映像には、駐車場から後方発進で出ようとした車に女性が押し倒され、そのまま轢かれて車の下敷きになってしまう様子が捉えられていた。しかも車の運転手は女性の存在に気づいていないようで、さらに後方に進もうとしていたのだ。

女性を轢いた車は後方に進むことができず、一旦前進させて再び後方へと進もうとすると、女性の上に乗り上げてしまった。この時、運転していた男性はようやく異変があることに気づいたようだ。

男性は車を移動させて運転席から降りると、倒れた女性の手を取って起こそうとしているところで映像は終わっている。地元メディアによると車を運転していた64歳とみられる男性は、車の後方に女性がいることに気づかず、当時は大雪だったことからタイヤに受ける衝撃は雪の塊だと思い込んでアクセルを強めに踏んでしまったという。

のちの警察の調べで、男性は22年間の運転歴があるものの過去2年間にわたって交通違反による罰則を5回も受けていたことが明らかになった。一方で女性はゼレノドリスク中央地区病院に搬送され、2回も車に轢かれたにもかかわらず命に別状はなく、軽傷だったことで医師を驚かせていたという。

画像は『The Sun 2022年2月11日付「PLOUGH ON EARTH Shocking moment woman, 77, run over TWICE after driver ‘mistakes her for deep snow’ – but survives UNSCATHED」(Credit: Newsflash)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)