米国防総省本部に侵入したニワトリが人気に 「スパイ?」とジョーク飛び交い、Tシャツ作成も<動画あり>

米国防総省本部に侵入したニワトリが人気に 「スパイ?」とジョーク飛び交い、Tシャツ作成も<動画あり>

米国防総省本部に侵入したニワトリが人気に 「スパイ?」とジョーク飛び交い、Tシャツ作成も<動画あり>の画像

アメリカの動物保護団体が今月1日、米国防総省本部「ペンタゴン(Pentagon)」の敷地内に侵入した1羽のニワトリを保護したことをFacebookで公表した。セキュリティが万全なはずの国の重要施設にニワトリが侵入したことに、人々から「ロシアからのスパイかも」などとジョークが飛び交った。『New York Post』などが伝えている。


米ワシントンD.C.にある米国防総省本部「ペンタゴン」でニワトリが発見されたのは、先月31日早朝のことだった。敷地内を歩いている1羽のニワトリを職員が発見し、動物保護団体「Animal Welfare League of Arlington」に保護を依頼した。

同団体の広報担当者であるチェルシー・ジョーンズさん(Chelsea Jones)は「ニワトリが発見された正確な場所を公表することはできません。ただセキュリティのチェックポイントであったことだけはお伝えできます」と明かしており、セキュリティ上の都合で情報公開に制限がかかっているという。

確かに警備員の目を盗んで敷地内に侵入できてしまったことは、その場所にセキュリティの穴があることを示してしまう。現在もこのニワトリがどこから来て、どうやってペンタゴンの敷地内に侵入したのかは明らかになっていない。

茶色の羽毛に赤いとさかを持つこのニワトリは「ロードアイランドレッド(Rhode Island red)」という品種で、チェルシーさんは「優しい性格で、神経質でもありますが何人かが撫でても大丈夫でした」と語っており、ある程度人に慣れていた可能性もあるようだ。

同団体がFacebookやTwitterなどでこのニワトリについてシェアすると、「何かしゃべったら消されるぞ!」「どこかに卵を隠しているんじゃない?」「警報は人間にしか反応しないみたいだ」「ロシアのスパイかもね」などジョークのコメントが多数寄せられた。

また同団体はこのニワトリの新しい飼い主を探していると綴っており、Facebookで名前を募集すると最終的に“ヘニー・ペニー(Henny Penny)”と名付けられた。ヘニー・ペニーは厳重なセキュリティを抜けたニワトリとして各メディアに取り上げられ、アメリカの人気テレビ番組『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン』の司会者ジミー・ファロンがヘニー・ペニーに関する歌を歌ったことで“時のニワトリ”として一躍有名になった。

さらにこうした話題を受け、同団体はヘニー・ペニーとペンタゴンが描かれたTシャツやトレーナーなどを作り、25ドル(約2900円)から販売していることをFacebookで明かした。フォロワーからの「ジミー・ファロンに送るべきだよ!」という声に同団体は「もう送りました!」と返答しており、ヘニー・ペニーの話題はまだ熱が冷めないようだ。

画像は『Animal Welfare League of Arlington 2022年2月1日付Facebook「Apparently, the answer to “why did the chicken cross the road” is…. to get to the Pentagon?!」、2022年2月10日付Facebook「Now that Henny Penny is an international superstar」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)