飼い主に「OK!」と人間の言葉で返事をする“OKキャット”が超キュート<動画あり>

飼い主に「OK!」と人間の言葉で返事をする“OKキャット”が超キュート<動画あり>

飼い主に「OK!」と人間の言葉で返事をする“OKキャット”が超キュート<動画あり>の画像

ダン・スパーノさん(Dan Spano)が飼う“アコーダ(Akkodha、15)”はおしゃべりが大好きな三毛猫だ。それも人間の言葉である「OK」を話すとあって、SNSで人気が急上昇中である。可愛いネコの話題を『InspireMore.com』などが伝えた。


ダン・スパーノさんは2006年、メスネコの“アコーダ”を動物保護シェルターから自宅に迎え入れた。アコーダは子ネコの頃、以前の飼い主に同シェルターから一度保護されていたが「被毛が長すぎる」という理由で戻された。そしてまだ小さかったアコーダを引き取ったのがスパーノさん夫妻だった。

ダンさんは「アコーダの被毛が長すぎるということはないと思うけど、きっと前の飼い主は抜け毛が嫌だったのかもしれないね。ただアコーダは私たちにとっては最高のネコだよ!」と笑い、このように続けた。

「アコーダを保護して最初に気付いたのは、とてもおしゃべりだということだった。我が家にやって来たアコーダは、すぐに私たちの後を追ってミャーミャー鳴き始めてね。僕が朝目覚めると早速おしゃべりを始め、その後は一日中話をする。それで僕もアコーダに話しかけるようになったんだ。」

「そしてしばらくすると、アコーダの返事が『OK』という言葉に似ていることに気付いてね。話をすればするほど、それはかなり明確な『OK』になっていった。そして今の“OKキャット(The OK Cat)”が誕生したのさ!」

アコーダは15歳とかなりのおばあちゃんネコではあるものの、昨年“OKキャット”としてSNSデビューを果たしており、今月になって『GeoBeats Animals』がアコーダの特集をすると「可愛い!」との声が殺到した。

動画ではダンさんが「今日の調子はどう?」「トリーツが欲しいかい?」「どこかに行きたい?」などと質問すると、アコーダが間髪を入れずに「OK」と返事する様子が見て取れ、人々は「あああ、私もこんなネコが欲しい」「ずっとフォローするわ!」「元気が出る」「とても15歳とは思えない」「キュート」といったコメントを残している。

ダンさんは「SNSでアコーダが多くの人を笑顔にしていると思うととても嬉しいね。中には『今週はアコーダの“OK”が必要よ』『アコーダが“OK”と言ってくれれば全てが上手くいくよ!』『私も猫を保護しようかしら!』なんて言ってくる人もいる」と明かし、愛ネコについて次のように述べた。

「アコーダはとても人懐っこくてね。僕が帰宅するとすぐ、膝の上に乗ってくる。いつも僕のことを追いかけてくるし、僕に撫でてもらいたくて脚にスリスリしてくるんだ。それに夜はテレビを見ていると必ず、僕の膝の上に座って来るよ。妻が嫉妬するくらいにね。」

「アコーダが特におしゃべりになるのは、夕飯時や僕が手にトリーツを持っている時だね。だから僕がキッチンの収納室近くにいる時は決まって『OK』を連発するんだよ!」

ちなみにアコーダという名前はダンさんの妻が付けたそうで、仏教の言葉で「怒らないこと」を意味するという。ダンさんは「愛情深いアコーダにぴったりの名前だよね」と語り、「アコーダは家族の一員。娘と同じように大好きで、世界一のネコさ! もうアコーダなしの人生は考えられないね!」と笑顔を見せた。

画像は『The OK Cat 2021年6月22日付Instagram「My cat says ok part 3」、2021年7月15日付Instagram「Best friends」、2021年7月10日付Instagram「“ok”」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)