アパートから61歳女性の白骨遺体「2年以上前から異臭」も放置(英)

アパートから61歳女性の白骨遺体「2年以上前から異臭」も放置(英)

アパートから61歳女性の白骨遺体「2年以上前から異臭」も放置(英)の画像

英ロンドン南東部のアパートで今月18日、61歳の女性の白骨化した遺体が発見された。近隣住民は2年以上前から異臭を訴えていたものの、放置されていたという。『MyLondon』などが伝えている。


2年以上前から異変に気付きながら、なぜ何の対策もとられなかったのか…。イタリアで今月初め、70歳女性が死亡し、2年以上も食卓の椅子に座ったままだったことが明らかになったばかりだが、イギリスからも悲しい孤独死のニュースが届いた。

ロンドン南東部ペッカムで18日午後7時過ぎ、「4階建てのアパートの一室から異臭がする」との苦情を受けて警察が駆けつけたところ、61歳の女性の白骨化した遺体を発見した。

同アパートでは2019年10月頃から「異様な臭いがする」と訴える住人が続出していたが、住宅問題の解決にあたる「住宅協会(housing association)」が動くことはなかった。

亡くなった女性のすぐ隣の部屋に2008年から住んでいるという若い女性Aさんは嫌悪感を露わにし、このように述べた。

「こんな小さなアパートなのに本当にショックよ。隣の女性のプライベートなことはあまりよく知らなかったけど、時々宅配便を受け取ってくれていたの。」

「私が最初に異臭に気付いたのは2019年の9月か10月頃よ。海外旅行から帰ってくると、建物全体に強烈な臭いが立ち込めていたの。あまりにも酷くてドアの下にタオルを詰めていたほどよ。」

またある住人は「郵便受けに郵便物が溜まっているのを見て、住宅協会に何度も電話したわ。家賃滞納の手紙もあったし、彼女の姿を長い間見かけなかったのでおかしいと思っていたのよ」と溜息をつき、別の住人は「部屋の前には女性の自転車が置きっぱなしで、苦情を申し立てたことがある」「ドアには『ガスのメーターの確認のため強制立ち入りを実施する』との貼り紙があった」と明らかに異常な状態であったことを明かした。

アパートには警察が数回訪れたというが、「パンデミックでロンドンを去る人が多いし、きっと海外にでも行っているのだろう」と真剣に受け止めることはなく、2年4か月後の今月18日まで部屋に立ち入ることはなかった。

女性がすでに白骨化していたことを知ったAさんは、失望とショックを隠し切れない様子で「警察はドアを壊して部屋に入っていったわ。そして私たちがずっと恐れていたことが発覚したのよ」と語り、女性の人種について質問されたことを明かしている。警察は「女性の死因は不明なものの事件性はない」としており、現在検視の準備を進めているという。

なおこのニュースには「これだけ異常なヒントがいくつもあったのになぜ2年も? という気持ち」「家族はいなかったのかな」「安らかに」「警察、住宅協会は何をしていたのか。怠慢としか言いようがない」といった声が寄せられている。

ちなみにロシアでは2020年、亡くなった両親のそばで3日間も暮らしていた5歳と1歳の子供が親戚によって発見されていた。5歳の娘は電話で「パパもママもずっと寝ているの。パパの身体は真っ黒に変わってしまった」と話したという。

画像は『The Daily Star 2022年2月20日付「Woman’s ‘skeleton’ found two years after neighbours noticed ‘horrific stench’ in flat」(Image: Google Maps)』『The Sun 2022年2月22日付「HORROR SCENE Woman, 61, named after lying dead in flat for 2 YEARS despite neighbours complaining 50 times about ‘rotting meat’ smell」(Credit: BPM)(Credit: SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)