ヤマアラシの数百本の針毛に襲われた犬、口の中まで針がぎっしり(ブラジル)

ヤマアラシの数百本の針毛に襲われた犬、口の中まで針がぎっしり(ブラジル)

ヤマアラシの数百本の針毛に襲われた犬、口の中まで針がぎっしり(ブラジル)の画像

ブラジルのサンパウロ州アララスでオスの飼い犬が今月20日の朝、ヤマアラシに襲われた。飼い主によると愛犬が襲われたのは今年2回目だそうで、Facebookに写真を投稿したところ大きな反響を呼び、『The Daily Star』などが伝えて拡散している。


ヤマアラシに襲われたのは、米マーベル・コミックに登場するスーパーヒーロー“ソー(Thor)”と同じ名前を持つ3歳の犬で、飼い主のアドリアーノ・バートラインさん(Adriano Bertoline)が朝目覚めると、耳、鼻、口、首、脚や腹部などが数百本の黄色い針毛で覆われていたという。

ソーを襲ったヤマアラシの針毛は全体的に黄色で先端は鋭く尖っており、太くて短い。ヤマアラシは敵を刺すと針毛が簡単に抜け落ちるそうで、針が相手の皮膚に刺さるとなかなか抜けないうえ、放置すると感染症を引き起こすこともある。

ソーは刺さった針毛を一刻も早く抜き取る必要があったが、無職で4児の父であるアドリアーノさんは愛犬を獣医に連れていくお金がなく、Facebookでこのように呼びかけた。

「みなさん、おはよう。今朝私が目覚めると、愛犬がとんだことになっていたんだ。愛犬を助けに来てくれるクリニックか獣医はいないだろうか? 私は治療代を払うお金がなくてね。」

そしてこの訴えに応じたのが、地方議員のホセ・ロベルト・アポラリ医師(Dr.Jose Roberto Apolari)で、ソーを引き取りにやって来るとアドリアーノさんと一緒に車でクリニックに向かった。また治療代を肩代わりし、処置が終わるとソーを自宅に送り届けてくれたそうで、アドリアーノさんは「彼は私の犬の命を救ってくれた天使だよ!」と称賛した。

実はソー、昨年2月にもヤマアラシの被害に遭っており、当時個人経営の動物病院で働いていたアドリアーノさんの友人が助けを差し伸べたという。

なおソーを襲ったヤマアラシがその後どうなったのかは不明だが、アドリアーノさんのFacebookには針毛がソーの口の中や舌にまで刺さった痛々しい姿が投稿されており、このニュースには次のようなコメントがあがった。

「2度目? 3度目がないことを祈っているよ。」
「1度痛い目に遭ったのに、犬は何も学ばなかったのだろうか?」
「名前負けしているよ!」
「飼い主もヤマアラシには近づかないように訓練すべき。」
「これは見ているだけで痛い。かわいそうに。」
「かなり深く刺さっているようだ。お大事に!」
「ヤマアラシも無事だといいね。」

ちなみに昨年8月には、南アフリカのクルーガー国立公園で若いヒョウが3万本の針毛を持つというヤマアラシを襲う様子がカメラに収められ話題となった。2頭の格闘は1時間半も続いたという。

画像は『The Daily Star 2022年2月22日付「Dog named ‘Thor’ left with hundreds of spikes in his face after fight with porcupine」(Image: Newsflash)』『Dr. Apolari – Araras 2022年2月21日付Facebook「Agora j? est? tudo bem com nosso amiguinho Thor, depois de lutar com um ouri?o.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)