確率3000万分の1、2022年2月22日午後2時22分22秒に誕生した“ラッキー”な赤ちゃん(豪)<動画あり>

確率3000万分の1、2022年2月22日午後2時22分22秒に誕生した“ラッキー”な赤ちゃん(豪)<動画あり>

確率3000万分の1、2022年2月22日午後2時22分22秒に誕生した“ラッキー”な赤ちゃん(豪)<動画あり>の画像

2022年2月22日は数字の2が揃うことで話題となったが、オーストラリアから2022年2月22日午後2時22分22秒に誕生したラッキーな赤ちゃんのニュースが届いた。秒数にまで“2”が並んだ男の子の誕生を『9News』などが伝えている。


西オーストラリア州パース郊外マードックにある私立病院「セント・ジョン・オブ・ゴッド(St John of God)」で今月22日午後2時22分22秒、ボーディ・ジェイムズ・ターナー君(Bodhi James Turner)が元気な産声を上げた。

ボーディ君の誕生で男の子4人の母となったカイリー・ナジャーさん(Kylie Najjar)は「予定日は5日後の27日だったのですよ」と明かすと、2が11個も並んだユニークな誕生日についてこのように語った。

「もし予定通りに生まれていたら、父親や叔母と同じ誕生日だったのです。でもボーディは2022年2月22日午後2時22分22秒に生まれる決断をしたようです。」

なお2022年2月22日は多くの国で2.22.22(または22.2.22)と表示され、5つの数字が逆から読んでも同じである「日付回文」となる。これは新しい始まりを示す幸運の日と信じられており、今年はチューズデー(火曜日・Tuesday)にあたることから、トゥーズデー(Twos-day)とかけ、さらに縁起がいいとされている。

西オーストラリア大学の数学教授マイケル・スモールさん(Michael Small)によると、ボーディ君のように秒数まで数字が揃うのは非常に珍しく、四つ子を出産したり、雷に打たれたり、ポーカーのハンド (役)の中で最も強いロイヤルストレートフラッシュが出る確率とほぼ同じ3000万分の1にあたるという。

ちなみにボーディ君は体重3300グラムと平均よりも少しだけ大きめに誕生、カイリーさんは「これが最後の出産」と述べている。

画像は『9News 2022年2月23日付「Perth baby makes his grand entrance into the world at an unbelievable time」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)