中身をよく見ず買ったキャンディ、吹き出す息子に父赤面(英)

中身をよく見ず買ったキャンディ、吹き出す息子に父赤面(英)

中身をよく見ず買ったキャンディ、吹き出す息子に父赤面(英)の画像

海外のスーパーではフルーツやクマ、ヘビなどの形のカラフルなグミが並んでいるのを見かけるが、イギリス人男性が「子供のお土産に」とスペインで買ったキャンディはかなり異色だったようだ。「子供に指摘されて初めて、その形が何かを知った」という男性とその一家の話題を『The Sun』などが伝えている。


英ダービーシャー州ダービー在住のジェイムズ・オースティンさん(James Austin、47)は今月中旬、スペインのリゾート地ベニドルムに住む父親を訪ね、3人の息子のお土産にキャンディを購入した。

ジェイムズさんは「それはキャンディ・ショップ・ダイアナ(Candy Shop Diana)という店でね。そのキャンディはちょうど、私の腰くらいの高さにある棚に並んでいた。ドイツのカラフルなグミ『ハリボー』に似ている感じで、息子のウィリアム(William、13)、オリバー(Oliver、13)、サミュエル(Samuel、10)にそれぞれ1袋ずつ買ったんだ」と当時を振り返る。

そして帰宅し、息子たちに早速お土産を渡したジェイムズさんはその夜、カラフルなキャンディの中身を子供に知らされて赤面、かなりの衝撃を受けた。

ジェイムズさんは「2階にいたウィリアムが大笑いしながら私と妻ヘレン(Helen)のところにやってきてね。『お土産のキャンディを見た?』と聞いてきたんだ。私は何事かと思って、妻と顔を見合わせたよ」と語り、こう続けた。

「ウィリアムが私たちに見せてくれたのは、精子の形のキャンディでね。見せながら笑いが止まらないようだった。」

「それで袋の中身をよく見てみると、キャンディは男性器、女性器、ぽっちゃりしたお尻、それに胸の形まであったよ。」

驚いたジェイムズさんはその後、「末っ子のサミュエルも、今まさにキャンディの袋と開けようとしているのではないか」と部屋まで走り、急いで袋を回収したという。

「どんな味なのだろうと思って一口だけかじってみたけど、とにかく酷かった。それでお土産全てをゴミ箱に捨ててしまったよ」と呆れた様子で語るジェイムズさん。続けて「サミュエルは『僕のキャンディはどこにいっちゃったの?』と聞いてきたので、『味が変だった』と伝えたよ。そんな私を見た妻は怪訝な顔をしていたね」と語り、せっかく子供たちのためにと購入したものの、肩身の狭い思いをしたことを明かした。

ちなみに昨年には、イギリスの女性がセールで買ったライオン柄の子供用パジャマが話題となった。パジャマは格安だったが、見ようによっては男性器に見えたという。

画像は『The Sun 2022年2月24日付「JELLY BOOBIES Dad buys holiday sweets for kids – but didn’t realise they were shaped like boobs and willies」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)