顔が変形した2頭の犬はベストフレンド! 「2頭を見ると笑顔になる」と飼い主(米)<動画あり>

顔が変形した2頭の犬はベストフレンド! 「2頭を見ると笑顔になる」と飼い主(米)<動画あり>

顔が変形した2頭の犬はベストフレンド! 「2頭を見ると笑顔になる」と飼い主(米)<動画あり>の画像

顔に奇形を持って生まれた5歳の犬と、幼い頃に母犬に襲われ顔が変形してしまった1歳の犬が、動物愛護施設を経営する女性に保護されて“ベストフレンド”として人生を謳歌している。心温まるニュースを『The Mirror』などが伝えた。


米オレゴン州ユージーンに住むリースル・ウィルハートさん(Liesl Wilhardt、53)は、動物愛護施設「ラヴァブル・ドッグ・レスキュー(Lovable Dog Rescue、以下LDR)」の創設者であり理事である。LDRは緑多い広い敷地の中で1999年にオープンし、リースルさんは処分率が高い動物シェルターから引き取り手がない動物たちを保護してきた。

そんなリースルさんは最近、生まれながらに顎が歪んでしまっている“ピカソ(Picasso、5)”と、幼い時に母犬に襲われ上顎がない“ニュート(Newt、1)”の微笑ましい姿をInstagramに次々に投稿、2頭がベストフレンドであることを明かした。

ピカソはピットブルとチワワとポメラニアンのミックス犬で、顎の奇形のために鼻が右にずれているように見える。リースルさんによると、ピカソに奇形による痛みはなく食事も吠えることも可能で、抜歯をしたことを除けば普通の犬と何ら変わらないという。

リースルさんがピカソを引き取ったのは2017年2月のことで、2016年のクリスマス前に「引き取り手がないから」とブリーダーに捨てられ、殺処分されることが決まっていた。リースルさんは当時、飼い主に放棄され、たまたま同じシェルターにいたピカソの兄弟犬“パブロ(Pablo)”も保護しており、2頭はLDRで新しい人生を歩み始めた。

ところが2017年10月、パブロは散歩中に突然倒れて命を落とし、ピカソは心の拠り所だった兄弟を失った。脳動脈瘤だったそうで、リースルさんは「パブロの死は私にとってもピカソにとっても胸が裂けるような出来事で、ピカソはそれ以来、あの子らしさをすっかり無くしてしまったのです」と明かし、このように続けた。

「ピカソにとってはつらい時期が続きましたが、8頭の犬や猫、豚たちに囲まれて少しずつ元気を取り戻していきました。またセラピードッグとしての訓練を受け、人と関わることも増えていきました。やんちゃで小さなニュートがやってきたのはそんな時でした。」

生後数週間で母犬に襲われたニュートは上顎と鼻がなく、ニューヨークの里親のもとで3か月を過ごし、昨年7月にLDRにやってきた。胃食道逆流症で薬を飲んでいるものの、食べることが大好きで元気いっぱい。リースルさんのInstagramでは、ニュートがピカソや他の動物たちと楽しそうに遊んだりいたずらする様子が見られ、ニュートの周りはいつも笑いで溢れている。

リースルさんはそんな2頭について、このように述べている。

「ニュートもピカソも人間が大好き。2頭とも外交的で常に注目されたいタイプなのです。2頭を知らない人は最初、顔が変形しているのを見て『過去に恐ろしい経験をしたのではないか』と想像するようですが、すぐに普通の犬と変わらないことに気付くのです。」

「ニュートは遊ぶことが大好きで、よくピカソとレスリングをしてじゃれあっています。実はマイペースな性格のニュートがやってきた時、『もしかしたら、この子がパブロを失ったピカソの心の隙間を埋めてくれるのではないか』と期待していたのですが、2頭は初めて会った時から息がぴったりでした。そしてニュートが成長するにつれ、2頭の絆はどんどん深まっているようです。」

いたずらっ子のニュートと忍耐強いピカソを見ているとつい笑顔になってしまうというリースルさん。「2頭ともハッピーで頭が良くて、それでいてとても面白いのですよ! 私は心の底から2頭が大好きなのです」と笑った。

画像は『Picasso 2022年1月19日付Instagram「Happy #TongueOutTuesday」、2021年7月30日付Instagram「And I’m missing breakfast…?」、2021年8月6日付Instagram「Throwback Thursday!」、2022年2月20日付Instagram「Happy」、2021年9月29日付Instagram「Newt isn’t really a morning person…」、2022年1月24日付Instagram「Good Morning!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)