14歳少年、ハコクラゲに刺され死亡「2メートルの触手が脚や手に巻き付いていた」(豪)

14歳少年、ハコクラゲに刺され死亡「2メートルの触手が脚や手に巻き付いていた」(豪)

14歳少年、ハコクラゲに刺され死亡「2メートルの触手が脚や手に巻き付いていた」(豪)の画像

オーストラリア、クイーンズランド州のアイメオビーチで今月26日午後、14歳少年がハコクラゲに刺されて死亡した。同州では昨年2月にも17歳少年がハコクラゲに刺されて死亡しており、当時は2006年以来15年ぶりと騒がれた。再び起きてしまった悲劇に地元住民はショックを受けている。『news.com.au』などが伝えた。


事故が発生したのは26日午後2時半頃で、ハコクラゲに刺され岸に上がってきた少年の脚や手には、約2メートルの触手が巻き付いていたという。

当時ビーチにいたある母親は「腰ほどの深さの場所で泳いでいた少年がよろめきながら海から上がり、うめくように助けを求めていた」と語り、カービー・ダッシュさん(Kirby Dash)は「少年はショック状態に陥っていた。親たちは子供たちに海から出るようヒステリックに叫んでいた」と振り返る。

その後、心停止を起こした少年にはライフガードや救急隊員らが心肺蘇生法を施した。そして午後3時22分にマッカイベース病院に搬送されたが、3時30分には死亡が確認された。

箱型の傘を持つハコクラゲの触手の表皮は強力な毒がある小さな針(刺胞)で覆われており、重症の場合は刺されて数分で意識障害、呼吸困難、心停止を引き起こす。

アイメオ・サーフ・ライフセービング・クラブの会長ロス・ジーさん(Ross Gee)は「我々のチームは少年が海から上がるとすぐに応急処置を施した」と語ると、事故直後の様子をこのように説明した。

「少年は意識が朦朧としており、我々はAED(自動体外式除細動器)を継続して使用した。少年は呼吸は浅かったが脈はあり、ビーチに保管していた全ての酢、約30リットルを患部にかけると、脚や手から刺胞を除去した。」

地元警察によると、ライフガードは事故が起きる15分前にネットを使ってクラゲの除去作業を行っていたというが、事故を防ぐことはできなかった。その後ビーチは閉鎖され、警察は住民に海に近づかないよう警告している。

ちなみに昨年5月には、猛毒“カツオノエボシ”を素手で触ったうえ、ペロリと舐める様子を動画に収めた男性に注目が集まった。カツオノエボシの触手には猛毒があり、刺されると意識障害や呼吸困難を起こしたり、稀に死亡することがあるという。

画像は『news.com.au 2022年2月27日付「Teenager killed by box jellyfish sting in Mackay as locals recall horror screams」(Picture: Megan Love)(Picture: Tara Miko)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)