床下に向かい吠え続ける愛犬 牙を光らせたピューマを発見(米)

床下に向かい吠え続ける愛犬 牙を光らせたピューマを発見(米)

床下に向かい吠え続ける愛犬 牙を光らせたピューマを発見(米)の画像

2月27日、「家の下にピューマがいる」という驚きの通報が届いた。この家の住民によると早朝から愛犬が外で騒がしく吠えており、愛犬が見つめる床下を懐中電灯で照らすと大きな牙をちらつかせながら威嚇する野生のピューマの姿があった。同地域は森林に囲まれた自然豊かな場所で、今年に入ってから既に17件以上のピューマの目撃情報があがっているという。『UPI.com』などが伝えている。


2月27日の午前7時半、米コロラド州北部ボルダー市に住む一家は、裏庭で愛犬が激しく吠える声で目を覚ました。何事かと裏庭へ向かうと、愛犬はデッキの下に向かって仕切りに吠えていたという。

近くで野生のアライグマをよく見かけるという住民は「またアライグマでも隠れているのかな?」と考え、眠い目をこすりながら懐中電灯でデッキの下を覗き込んでみた。すると懐中電灯が2つの光る目を捉え、床下に身を隠していたのは獰猛な野生のピューマと判明したのだ。

危険を感じた住民は、すぐさま「コロラド州公園・野生生物局(Colorado Parks and Wildlife 以下、CPW)」に連絡して助けを求めた。CPWの野生動物担当官タイラー・アスニカルさん(Tyler Asnicar)が現場に駆けつけてピューマに麻酔をかけると、午前10時には床下から引きずり出すことができた。

そして同日の午後1時、ピューマはボルダー市の北側に位置するラリマー郡の人が住んでいない遠隔地に運ばれて放たれた。このピューマは成体になる直前の健康的な若いオスで、体重は115〜120ポンド(約52〜54キロ)あったという。

ボルダー市の西側は広大な森林地帯で国立公園があり、自然豊かな場所として知られている。タイラーさんは「このような大きな肉食獣が、多くの人が住む地域にいるのは良い状況ではありません。ピューマを移動させるのは人々のためになるだけでなくピューマ自身のためにもなるので、今回は移動させるのが最善の方法でした」と明かした。

CPWには今年1月15日からボルダー市内でのピューマの目撃情報が相次いで報告されており、今回の件を除き17件も確認されている。タイラーさんは「この数週間で町ではペットが何匹もピューマに連れ去られており、おそらくこのピューマのきょうだいにあたる個体も町にいるでしょう。ボルダー市北部での目撃情報が多く、今回捕獲したピューマの可能性もあります。特にこの時期はミュールジカが標高の低い場所に移動するので、ピューマが獲物を狩るために山を下りてくる頻度も増えるのです」とピューマの行動について説明している。

なおボルダー郡の西部に隣接するグランド郡でも野生のピューマが民家の中庭に現れ、室内にいた小型犬が窓ガラス越しに吠えて立ち向かう様子を捉えた動画が話題を呼んでいた。

画像は『UPI.com 2022年2月28日付「Family dog finds mountain lion under porch in Colorado」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)