「キツネザル?」ユニークな被毛の大型猫が大人気(仏)<動画あり>

「キツネザル?」ユニークな被毛の大型猫が大人気(仏)<動画あり>

「キツネザル?」ユニークな被毛の大型猫が大人気(仏)<動画あり>の画像

フランスで飼われている1匹の猫がInstagram上で大きな話題を呼んでいる。メインクーンという大型種のその猫は、立派な体格だけでなく別の毛皮を被ったようなユニークな姿をしているのだ。「キツネザルみたい」「イエティにも見える」と言われるその風貌を『Metro』などが伝えている。


Instagramで注目を集めているのは、フランス在住のアドリアナさん(Adriana)が飼うメインクーンの“リッチー(Richie)”だ。メインクーンは猫の大型種で、過去には犬に間違えられることもあるほど大きくなった猫もいるほど成長する。

リッチーも“ジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)”と呼ばれるメインクーンの名に恥じない立派な体格であり、Instagramの専用アカウントでは12万人を超えるフォロワーがいる。しかしリッチーの人気ぶりは体格だけでなく、特徴的な被毛が唯一無二のチャームポイントとなり人々を魅了している。リッチーの体の約9割は白っぽい長い毛に覆われているが、なぜか顔には白い毛は生えず真っ黒なのだ。

2020年11月に誕生したリッチーは、生後間もない頃は黒に近いグレーの毛色をしていた。体毛も短く、他の子猫と変わらないあどけない姿だったが、成長するにつれて顔以外の場所から白っぽい被毛が伸び始め、あっという間に現在のようなユニークな姿となった。

まるで黒猫が毛皮を被っているかのような独特な風貌には、フォロワーから「フクロウみたいな顔をしているね」「なんてゴージャスな猫なんだ」「こんなにかっこいい猫は見たことがないよ」「キツネザルなの?」「イエティにも見える」など驚きの声が多数届いている。

黒い顔に金色の目、そして長く美しい毛並みも相まって神々しい雰囲気のリッチーだが、おもちゃで遊んだりする姿は他の猫と変わりない。メインクーンはその体毛の長さ故に、毛並みのお手入れは欠かせないルーティンである。ブラッシングの様子を捉えた動画には大量の抜け毛も映っており、「抜けた毛で猫が1匹作れそう」といったジョークも寄せられていた。

アドリアナさんは「Instagramでリッチーの動画をシェアすると一気に拡散され、再生回数は100万回を超えました。インターネットは本当にクレイジーですよ。リッチーは中国のSNSにも登場しており、世界中で話題になっています」とリッチーの人気ぶりに驚いているという。

リッチーの顔回りの毛はライオンのたてがみのようで少々恐ろしい見た目をしているが、実際にはフレンドリーで人懐っこい性格とのこと。アドリアナさんは「リッチーは新しい人、特に子どもに会うのが大好きなのですが、子どもたちの中にはリッチーを怖がる子もいますね」と話しており、リッチーの見た目がデメリットになってしまうこともあるようだ。

また多くの人から「メインクーンを飼ってみたい」というコメントが届くそうだが、アドリアナさんは楽しいことばかりではないと明かしている。

「メインクーンには様々なケアが必要になります。たとえば外の散歩から帰ってきたら、たくさんの汚れが付いた毛をキレイにしなければなりません。必要な時にはいつでもブラッシングしてあげており、リッチーも喜んでいます。このタイプの猫には多くの時間を割く必要があり、注意すべき点も多々あるのです。」

画像は『Richie du Mont d’Even 2022年1月20日付Instagram「I am a big boy, what do you think mom?」、2021年12月17日付Instagram「I’m 13 month old and I am still growing」、2021年11月14日付Instagram「I am back. Meow.」、2021年2月17日付Instagram「Look how fast I’ve grown since I was born」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)