飼い主を亡くしておしゃべりをやめてしまったヨウム、今では悪態をつくほど元気に(英)

飼い主を亡くしておしゃべりをやめてしまったヨウム、今では悪態をつくほど元気に(英)

飼い主を亡くしておしゃべりをやめてしまったヨウム、今では悪態をつくほど元気に(英)の画像

イギリスで飼い主を亡くした後におしゃべりをやめてしまったヨウムがいた。ヨウムは愛する飼い主を失い、ひとりぼっちになってしまったことで悲しみに暮れていたという。『The Mirror』『ITV News』などが伝えている。


英ウェールズのアバーデアに暮らす動物行動学者レイチェル・レザーさん(Rachel Leather)は、今年2月から9歳の雄のヨウム“ジェシー(Jesse)”を飼い始めた。ジェシーはレイチェルさんに引き取られる前、ドーセットにある「英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)」のアシュリー・ヒース・アニマルセンターに保護されていた。

ジェシーは元の飼い主が亡くなってしまったことで同アニマルセンターにやってきたが、全く違う環境で暮らすことを余儀なくされたジェシーは悲しみのせいか、くちばしで自分の羽根をむしり取るようになったという。

ヨウムはオウム目インコ科の鳥類で非常に知能が高く、人の言葉を真似るのが得意だとされるが、保護当時のジェシーは時々「さよなら」と小さく囁く以外は一切おしゃべりすることが無かったそうだ。同アニマルセンターのハンナ・ホーキンスさん(Hannah Hawkins)は、ジェシーについてこのように語っている。

「ジェシーは病気か皮膚に異常があって不快な思いをしているのかと思ったんですが、ストレスが原因で羽根をむしり取っていることが分かったんです。」

「ジェシーは飼い主にとても愛されていたようで、このような急激な変化に苦しんでいたとしても不思議ではありません。ジェシーは失ったものが大きかったため、とても寂しそうにして落ち込んでいるように見えました。」

ジェシーは一緒に暮らしていた飼い主を失ったことで悲しみから自分の羽根をむしるようになり、おしゃべりすることも無くなってしまったという。同アニマルセンターではあまり多くの鳥を世話することができないため、ジェシーのためにもできるだけ早く新しい飼い主を見つけてあげることにしたようだ。

そしてこのジェシーのことを知り、以前からヨウムを飼いたいと思っていたレイチェルさんが同アニマルセンターに連絡を入れた。その後、レイチェルさんは飼い主として相応しいと判断され、ジェシーを家族の一員として迎え入れることになった。

レイチェルさん一家と暮らし始めてまだ間もないジェシーだが、寂しさから解放されたせいかレイチェルさんの家族の言葉を真似るようになったという。そんなジェシーについて、レイチェルさんはこう明かしている。

「ジェシーのことを知った時に私は最高のチャンスと感じました。その後ジェシーはうちに来て、すっかり落ち着いたようです。まだ羽根をむしるのを止められないようですが、新しい羽根が生えてきているのは良い兆候だと思っています。」

「ジェシーはおもちゃで遊び、採餌壁をつついたりしています。それにクチバシを研いだりするんですが、これは緊張がほぐれて満足している証拠なんですよ。本当にジェシーがおしゃべりになったのには驚きました。」

ジェシーはレイチェルさん一家の愛を受けて再びおしゃべりするようになったそうだが、時々「失せろ!」などと悪態をついてレイチェルさんを笑わせることもあるそうだ。さらにおならの音を真似てみたり、レイチェルさんのパートナーが彼女を「ベイビー」と呼ぶのを模倣し、同じようにレイチェルさんに向かって「ベイビー」と叫ぶという。

レイチェルさんは「私がジェシーに『面白いね』と声をかけると、『クソ面白いだろ!』って返すんです。これまでジェシー無しでどんな生活をしていたか、忘れちゃうくらいなんですよ」と嬉しそうに話している。

画像は『The Mirror 2022年3月4日付「Sad parrot who fell mute when owner died finds his voice and is huge potty mouth」(Image: Cover Images)(Image: Triangle News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)