車上荒らし後にうっかり熟睡、あっさり逮捕された男(南ア)

車上荒らし後にうっかり熟睡、あっさり逮捕された男(南ア)

車上荒らし後にうっかり熟睡、あっさり逮捕された男(南ア)の画像

南アフリカのクワズール・ナタール州ダーバンで、車上荒らしが発生した。しかし犯人は車内で熟睡しており、あっけなく逮捕された。『IOL』など複数のメディアが伝えている。


3月14日の早朝、クワズール・ナタール州ダーバンにあるパームビュー(Palmview)というエリアに住む男性が、自宅に停めていた愛車が壊されていることに気づき、警備会社「KZN VIP Protection Services」に連絡した。警備会社のスタッフが駆けつけると、白い乗用車の運転席側や後部座席の窓が壊されており、車外には犯人が使ったと思われるナイフやハサミ、ドライバー、そして食べた後のチョコレートの包装紙などが落ちていた。それだけではなく助手席には、黒い短パンに長袖のシャツ、黒いニット帽にマスクを付けた男がいたのだ。緊張が走ったかに思われたが、男は目をしっかり閉じて深い眠りについていた。警備会社は男を確保し、その後警察署に連行したという。

「KZN VIP Protection Services」がこの件をFacebookに投稿すると、「犯人を眠らせるなんて、車の持ち主は伝統ハーブ薬を車に入れていたんじゃないか」といった車の所有者をジョーク交じりに称賛する声や、犯人について「窓を壊して疲れてしまったのか」「仕事中に眠るなんて」「その日暮らしより、捕まって安住の場所が欲しかったのでは」などからかうコメントが多数寄せられている。

画像は『IOL 2022年3月15日付「LOOK: South Africa’s sleepiest criminal? Robber falls asleep inside a car he just broke into leaving Mzansi in stitches」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

関連記事(外部サイト)