「犬が屋根の上で動けなくなっている」 救出のため消防隊が駆けつけるも出番なしで失笑(米)

「犬が屋根の上で動けなくなっている」 救出のため消防隊が駆けつけるも出番なしで失笑(米)

「犬が屋根の上で動けなくなっている」 救出のため消防隊が駆けつけるも出番なしで失笑(米)の画像

アメリカの住宅街で、屋根の上にいた犬を救助するため地元の消防隊が駆けつけた。一刻も早く救出しようと動いていた消防隊員らだったが、住人が留守だったため対応を思案していたところ、隣人がやってきて「いつものことだよ」と告げたのだ。その後、何事も無かったかのように室内に戻っていく犬の姿を見た消防隊員らは、思わず失笑してしまったという。『People.com』などが伝えた。


米ペンシルベニア州ヘイズルトンの消防隊「Hazleton Fire Department」に今月14日、「犬が屋根の上で動けなくなっている」と通行人から連絡があった。好奇心に任せて動き回り窮地に陥ってしまう犬や猫の話題はよくあることで、2018年にも窓から屋根に出て行き場を失ってしまった犬が消防隊によって救出されていた。今回もそんな救出活動の1つと考えながら出動した消防隊員たちだったが、意外な結末を迎えることとなった。

消防隊員らが現場に到着すると、3階建てのアパートの屋根の上に白地に黒の模様が入った犬を確認することができた。犬の背後には室内に繋がる窓が開いており、消防隊員らは犬がそこから屋根に出てしまい戻れなくなってしまったと推測した。あまりの高さに足がすくんで動けなくなってしまった犬を「早く救出してあげたい」と思った消防隊員はまずこの家の住人に現状を伝えようとしたが、留守で連絡を取ることができなかった。

どうしたものかと悩んでいた消防隊員たちだったが、そんな時に隣人が現れて「ああ、この犬はいつも屋根の上に出て日光浴をしているんだ」と明かしたのだ。その後、問題の犬は消防隊員らを屋根の上から一瞥すると、難なく室内に戻っていった。

救助の必要が全くないという予想外の結果に、消防隊員らは唖然としてしまったそうだ。同消防隊がこの出来事をFacebookで公表すると、「慣れた顔つきで登っているね」「うちの近所でも見たことがある」「エサをたくさんもらっていい体格をしているから、自分で窓を開けられるんだろうね」「この家の主みたいな表情だ」といったコメントが見受けられた。

またコメント欄には、同地域周辺に住む人から過去にこの犬が屋根の上にいる姿を見たという声も届いていた。地元住民はよく見る光景なのであまり気にしていないようだが、初めて見た人々は犬の安全を心配しており、「動物管理局に通報すべき」「飼い主として犬の安全に責任を持つべきだよ」「うちの子もよく窓から屋根に出ていたけどすぐに出入り禁止にしたよ」と注意を促す声もあがっている。

画像は『People.com 2022年3月16日付「Penn. Firefighters Rush to Rescue Pet Stuck on a Roof Only to Find a Happy Dog Who Likes Heights」(CREDIT: SWNS)』『Hazleton Fire Department 2022年3月15日付Facebook「Dispatched for a dog on a roof on Laurel st crews arrived on scene found a big dog on the roof」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)