ドラッグストアでネズミたちが大暴れ 利用客から「ここで買った薬を使っているのに…」と不安の声(豪)<動画あり>

ドラッグストアでネズミたちが大暴れ 利用客から「ここで買った薬を使っているのに…」と不安の声(豪)<動画あり>

ドラッグストアでネズミたちが大暴れ 利用客から「ここで買った薬を使っているのに…」と不安の声(豪)<動画あり>の画像

衛生管理が不可欠な医薬品を多く取り扱う豪大手ドラッグストア「Chemist Warehouse」にて、店内を暴れ回る数匹の巨大ネズミの姿が目撃された。同店を訪れた客がその様子を撮影するとSNSで拡散され、商品の衛生面や安全性などを懸念する声が多数あがっている。『7NEWS』などが伝えた。


Instagramのユーザー「newtown.affirmations」さんが今月20日、豪シドニーのニュータウンにある大手ドラッグストア「Chemist Warehouse」の店内で買い物客によって撮影された動画を投稿した。

そこに映っていたのは数匹の大きなネズミが店内を縦横無尽に駆け巡り、医薬品や食料品をなぎ倒している様子だった。

ネズミたちはサプリや医薬品なのか、白い粉が入ったチューブ型の容器を倒して中身を出すとそれに口をつけている。通路には多数のボトルが散乱していて、店内は大荒れだ。ネズミは食料品にも手を出しているようで、何度も店内を横切りながらチーズのようなものを咥えていた。

この投稿には、同店の利用客からこのような声が次々に届いた。

「えぇ! 昨日ここで買い物してしまったわ。」
「ここで買った薬を使っているよ。汚染されていたらどうしよう。」
「この店の前を通ると、うちの犬がよく鳴いていたの。今ようやくその原因が分かったわ。」
「バイバイ、もうここで買い物することはないわね。」

今回の騒動を受け、「Chemist Warehouse」の広報担当者は『7NEWS』に「今回の件を我々も認識しております。顧客の健康と安全、店舗の清潔と衛生が最優先事項です」と述べ、以下のように対応に当たっていることを明かした。

「このたびシドニーにある店の通路にネズミたちが現れたことは深刻な害獣問題であり、我々はすぐにネズミたちの駆除に向けて動きました。」

「招かれざる害獣により、何らかの形で汚染された店内の在庫はすべて処分され、入れ替えられます。」

「管理庫にある医薬品はネズミによる汚染は受けていないと明言できますし、お客様が購入されるいかなる医薬品も全く危険がないことを確実に保証いたします。また少しでもネズミによる汚染の可能性がある在庫は、すぐさま除去し、破棄いたします。」

「害獣駆除の専門家が問題のできる限り早い解決に向けて、すでに従事しております。ネズミによる被害は最近起こった大雨や洪水によって大きな問題となっています。」

都心におけるネズミ被害の増加について、シドニー大学で野生生物生態学の准教授を務めるマシュー・クラウザーさん(Mathew Crowther)は、人口過多とその結果が原因として次のように指摘した。

「単純なことですよ。ネズミは食べ物が好きなのです。」

「彼らは人が思う以上に人間のようですから。」

マシューさんは「人々の需要に伴って飲食店などが拡大するにつれて、ネズミも現れてくる」とも明かしている。

画像は『NEWTOWN AFFIRMATIONS 2022年3月20日付Instagram「underground rat rave at the newtown chemist warehouse last night」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE)

関連記事(外部サイト)