ワイヤーで縛られ後ろ足を失ったピットブル、初めて歩く姿に涙(米)<動画あり>

ワイヤーで縛られ後ろ足を失ったピットブル、初めて歩く姿に涙(米)<動画あり>

ワイヤーで縛られ後ろ足を失ったピットブル、初めて歩く姿に涙(米)<動画あり>の画像

虐待されて後ろ足2本を失った犬が前足だけで立ち、力強い歩きを見せる動画が拡散し、多くの人の涙を誘っている。ケアしたスタッフが“奇跡の犬”と呼ぶ“ローガン(Logan)”のニュースを『MEAWW』などが伝えた。


米ペンシルべニア州フィラデルフィアのアニマルシェルター「アニマル・ケア・アンド・コントロールチーム(Animal Care and Control Team、以下ACCT)」は先月下旬、虐待されて放置されていたアメリカン・ピット・ブル・テリアの“ローガン”を保護した。

ローガンは後ろ足にワイヤーを巻かれ血だらけで放置されていたところを発見され、ペンシルベニア州動物虐待防止協会(PSPCA)の獣医が緊急手術を行った。ローガンの生々しい足の傷や手術後の様子は、PSPCAのTwitterで次のようにシェアされ注目を集めた。

「縛られたローガンの足は血流が止まり、壊死し始めている。我々の病院の獣医は壊死組織を除去し手術を行ったが、怪我は広範囲に及んでいる。」

「手術チームは傷が酷い右後ろ足を救おうと、できる限りのことをした。ただ損傷が酷く、脈もなく、切断せざるを得なかった。」

獣医は結局、ローガンの命を救うために後ろ足2本を切断。PSPCAはその後、ローガンが前足で歩く30秒弱の動画を添えてこのように綴った。

「ローガンは“虐待の被害者”よ。でもこの子は最高に素敵なの! ローガンのことはみんなが大好き。みんながよ!」

「私たちはローガンの家を必死に探しているわ!」

なお動画は、首にエリザベスカラーを付けたローガンがスタッフの声援を受けながら前足2本で歩く姿を捉えたもので、ベッドまで到達すると歓声があがる。ローガンは尻尾を振りながらもしっかりと2本の足で歩いており、動画を見た人からは次のような感想があがった。

「人間によって動物が虐待されるニュースを毎日のように目にする。本当に悲しいことだ。」
「虐待された犬たちを助けてくれてありがとう。大好きだよ!」
「罪のない動物たちを虐待するなんて許せない。」
「動物を故意に虐待する者への罰を重くすべき。」
「後ろ足の代わりになる車椅子を作ってあげて!」
「涙が溢れてきた。命を救ってくれてありがとう。」
「苦しかったろうにね。ローガンには幸せになって欲しい。」

現在のローガンはリハビリを受けており、後ろ足用車椅子だけでなく、リハビリ代もチャリティープログラムの資金で賄われるという。

画像は『The Daily Star 2022年4月12日付「Heartbreaking video shows dog so abused he lost two legs finally walking again」(Image: PSPCA)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)