「母親になるのが夢だった」49歳で養子を迎えた女性に賛否の声「素敵なママ」「年齢を考えて」(米)

「母親になるのが夢だった」49歳で養子を迎えた女性に賛否の声「素敵なママ」「年齢を考えて」(米)

49歳で養子迎えた米女性賛否

「母親になるのが夢だった」49歳で養子を迎えた女性に賛否の声「素敵なママ」「年齢を考えて」(米)

「母親になるのが夢だった」49歳で養子を迎えた女性に賛否の声「素敵なママ」「年齢を考えて」(米)の画像

「母親になることがずっと夢だった」と語るアメリカ在住の51歳の女性は、今から2年前に養子を迎えた。それまで10年以上子宝に恵まれなかった女性は、医師から「母親になることは難しい」と告げられ一度は諦めたものの、心の中では「まだチャンスはある」と希望を持ち続けていたという。養子縁組により49歳で初めて母親となった女性が自ら経験をTikTokで公開したところ、多くの温かいコメントが寄せられたが、一方で「年齢を考えて」「自分のことしか考えていない」といった否定的な声もあがっている。『Metro』『The Sun』などが伝えた。


米オハイオ州カナル・ウィンチェスターに暮らすクリス・モンソーさん(Kris Monsour、51)は2020年3月、エインズリーちゃん(Ainsley、2)という女の子を養子として迎えた。

母親になることがずっと夢だったというクリスさんは、それまで10年以上も子供を授かるための努力をしてきたという。だが2度の流産を経験したのち、医師からは「もう諦めたほうがいい」と告げられたそうだ。

クリスさんは当時のことをこのように振り返っている。

「最初に結婚した時は本当に子供が欲しいと思っていました。でも38歳の時に流産してしまって…前の夫とは体外受精や他の方法についても話し合いましたが、夫婦関係が破綻してしまったのでその先のプロセスに進むことはありませんでした。その後、今の夫であるクレイ(Clay、47)と出会い、私はすぐに妊娠しました。でも残念なことに妊娠3か月で再び流産したのです。医師からは『もう諦めたほうがいい』『母親になるのは難しい』と言われて…。きっと41歳という年齢も理由だったのでしょうね。私はその言葉に大きなショックを受けながらも仕事に集中しようと決めたのです。」

しかしそれから7年間、クリスさんの頭から“母親になりたい”という思いが消えることはなく「まだチャンスはある」と希望を持ち続けていた。

そして2019年のある日、クリスさん夫妻は遠縁の親戚から1通のメールを受け取った。そこには「もしまだ子供を持つことを望んでいるならば、親族縁組(実の親が育てられないため、親族が子どもを育てる制度)を検討しないか」と綴られていたそうだ。

「その提案に私たちは『イエス』と答えました。これは絶対に正しい選択と思ったからです。親族から養子を迎えることになった私たちは、妊娠中から出産までの全ての場面に立ち会うことができました。エコー検査はもちろん、エインズリーが誕生した時にはへその緒も切らせてもらったんですよ。そして娘を連れて退院したのち長い時間をかけて法的手続きを行い、2020年3月に正式に親権を獲得しました。手続きには弁護士費用や社会福祉機関への調査費用など15300ポンド(約255万円)ほどかかりましたね。」

長年の夢が叶い、49歳で初めて母親となったクリスさんがエインズリーちゃんとの生活をTikTokで公開したところ、「素晴らしい。なんて素敵な家族なの」「素敵なママがいる娘さんは幸せですね」など多くの人から祝福や応援のコメントが届いた。

だが一方では、50代を目前にして母親になったことに「年をとりすぎ」「娘が大人になる前にあなたは死んでしまう。自分勝手だ」「その子は苦労するだろう」など非難の声もあがっている。

「家族や親しい友人たちはみんなエインズリーのことを快く迎えてくれました。私たちは娘がとても愛されていることを嬉しく思っていますし、私は母親になったことで自分が完全になったと感じるのです。若かろうが老いていようが長い人生が保証されている人は誰もいません。将来、エインズリーの活躍を見られないのではないかという不安もありますが、私たちは一日一日、全ての瞬間を大切に生きようと思っています。」

そのように語るクリスさんは現在も家族の近況をシェアし続けており、TikTokや他のSNSで得た全ての収益を養子縁組した子供たちに無料で洋服を提供している慈善団体「フェアフィールド・フォスター・クローゼット(Fairfield Foster Closet)」に寄付しているという。

画像は『The Sun 2022年4月20日付「MUM’S THE WORD I’m a first-time mum at 49 – trolls say I’ll DIE before seeing my girl’s biggest milestones」(Credit: Mercury)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連記事(外部サイト)