100歳誕生日を迎えた女性がスカイダイビングに挑戦「できるうちにやっておかないと」(米)<動画あり>

100歳誕生日を迎えた女性がスカイダイビングに挑戦「できるうちにやっておかないと」(米)<動画あり>

100歳誕生日を迎えた女性がスカイダイビングに挑戦「できるうちにやっておかないと」(米)<動画あり>の画像

今月2日、100歳の誕生日を迎えたアメリカ在住の女性が人生初めてのスカイダイビングに挑戦した。以前から「100歳になったらスカイダイビングをやる」と周囲に訴え続けていた女性は、「怖かったですね」と感想を明かしながらも長年の願いが叶い、喜びの表情に満ちていた。『WPEC CBS 12』などが伝えている。


米フロリダ州インディアンリバー郡セバスチャン市で今月2日、レイモンド・サリバンさん(Raymonde Sullivan)が友人らと共にスカイダイビングに挑戦するため同市のスカイダイビングセンター「Skydive Sebastian」を訪れた。

先日、100歳の記念すべき誕生日を迎えたばかりのレイモンドさんは、以前からずっと「100歳になったらスカイダイビングをやってみたい」と友人や家族に漏らしていた。このたび無事に100歳を迎えることができ、体力的にも問題がなかったことから挑戦することになったという。

スカイダイビング当日、レイモンドさんは多くの友人や家族に見守られながらインストラクターに専用器具を装着してもらい準備を進め、電動カートで飛行機まで移動して上空へ飛び立った。機内での様子を捉えた映像には、一緒に飛行機に乗り込んだ友人らが大きな声を上げて盛り上がる中、硬い表情を見せ緊張している様子のレイモンドさんが映っていた。

そしてインストラクターと共に飛行機から飛び降りると、レイモンドさんは自由落下のスピードに圧倒されている様子だった。しかしパラシュートを開いてゆっくりと降下している際にはインストラクターから「誕生日おめでとう!」と祝福され、レイモンドさんは周囲の美しい景色を楽しむ余裕が見られた。そして無事に着地した後には、ラムコークを飲んでお祝いした。

レイモンドさんは「この100年でいろいろなことをしてきましたが、スカイダイビングはやったことがなかったので『できるうちにやっておかないと』と思ったのです」と明かした。しかし「もう一度やってみたいですか?」と聞かれると「やらないですよ」と笑いながら答えており、今回の経験で満足したようだった。

なお今回のレイモンドさんのように、死ぬまでにやりたいことを“バケットリスト”に加え、高齢になってから様々なことに挑戦する人は過去にも話題にのぼっている。米ミズーリ州では「逮捕されてパトカーに乗ってみたい」という102歳の高齢女性の願いが叶い、女性は「手錠をかけられたりして楽しかった」と嬉しそうに語っていた。

画像は『WPEC CBS 12 2022年5月3日付「WATCH: Local lady celebrates turning 100 by skydiving」(WPEC)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)