道路脇で弱っていた子犬、保護するため連れて帰ったら「コヨーテだった」(米)

道路脇で弱っていた子犬、保護するため連れて帰ったら「コヨーテだった」(米)

道路脇で弱っていた子犬、保護するため連れて帰ったら「コヨーテだった」(米)の画像

先月末、アメリカの野生動物センターに「道路脇にいた幼い子犬を保護したらコヨーテだった」という連絡が入った。このコヨーテは狂犬病の危険性がないと判断されると同センターで保護され、同時期に別の場所で保護されたコヨーテの子どもと一緒に野生にかえるためのリハビリを行うことになった。同センターが公開したコヨーテの写真には、「これは子犬と間違えても仕方ないよ」と見分けが付かない姿に驚きの声があがっている。『USA TODAY』などが伝えた。


米マサチューセッツ州ウェイマスにある野生動物センター「New England Wildlife Center」が今月3日にFacebookへ投稿した内容によると、同州在住のある一家が交通量の多い道路を移動していたところ道路脇に1匹の子犬がいたことに気付いたという。弱った様子だった子犬を可哀そうに思った家族は、保護して自宅に連れて帰った。

一家が帰宅してから子犬を観察してみると、実はコヨーテだったことが明らかになったという。イヌ科であるコヨーテは成体になれば狼と姿は似るが、同センターが公表した写真を見ると分かるように幼い時は犬と区別するのは素人目では難しい。過去には運転中に犬をはねてしまった男性が、その犬を保護した後にコヨーテと判明したケースもあったほどだ。

狂犬病などの危険性があるため、一家は同センターに連絡して助けを求めた。同州の保健所の協力のもと、このコヨーテの子どもには狂犬病の危険性はないと判断され同センターが保護することになった。コヨーテの子どもは獣医により健康状態のチェックを受け、徐々に回復しているという。

また同時期に隣のロードアイランド州スミスフィールドにて生後2週間ほどのコヨーテの子どもが保護されていた。このコヨーテも群れからはぐれてしまったようで、2匹は同センターでともに過ごしながら野生にかえるためのリハビリを行っていくという。同センターは「私たちはできるだけ自然な育て方をするよう努力し、本来両親から学ぶ行動を再現できるように努めます」とコメントした。

同センターの投稿を見た人々からは、「これは確かに子犬と間違えちゃうよ」「可愛すぎて子犬と勘違いしたのにも納得できるね」「無事に保護されて良かった」などの声が届いていた。

なお今回は誰もケガ無く終わったが、もし保護した一家が噛まれたり引っ掛かれたりした場合には狂犬病に感染していたリスクや、コヨーテの子どもが安楽死させられていた可能性もあった。同センターは「動物を保護する前には適切な機関に連絡を取ることを推奨します」と呼びかけている。

画像は『New England Wildlife Center 2022年5月3日付Facebook「The Eastern Coyote pup was separated from his family last week and was found wandering and distressed by the side of a busy road.」』『Wildlife Clinic of RI 2022年4月24日付Instagram「Wildlife Baby Shower update」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)