自称「フルーツ外科医」野菜や果物を“患者”に リアルな手術を行う医学生(仏)<動画あり>

自称「フルーツ外科医」野菜や果物を“患者”に リアルな手術を行う医学生(仏)<動画あり>

自称「フルーツ外科医」野菜や果物を“患者”に リアルな手術を行う医学生(仏)<動画あり>の画像

フランスのある医学生が、野菜や果物を“患者”に見立てて手術をする解説動画をTikTokに投稿し話題を呼んでいる。自らを「フルーツ外科医」と呼ぶこの医学生の手術解説動画は640万回以上も再生されている。彼の“患者”となる野菜や果物には顔が描かれており、シュールにも見えるこれらの動画であるが、その実際の手術さながらの精巧さから医療関係者からも認められ、さらにはこれから手術を受ける患者に安心感を与えると大きな反響を呼んでいる。


『Le Figaro』などが報じたところによると、「フルーツ外科医」を名乗るのはロビン・ゴンセさん(Robin Goncet)というグルノーブル大学6年生の医学生だ。現在25歳のロビンさんは、野菜や果物を使用した外科手術の様子をTikTokに投稿して楽しんでいる。彼はTikTokのアカウントで「fruitrurgien(フルーツ外科医)」と自己紹介をしており、そのフォロワー数は395,000人以上にのぼる。

ロビンさんが「フルーツ外科医」としてTikTokに動画投稿を始めたのは、2020年春の最初のロックダウン時のことであった。フランスでは当時、新型コロナウイルスの蔓延が深刻で自宅から1キロ以上離れた場所への外出は制限されていた。この外出制限は多くのフランス人の生活に悪影響を与えたが、医学生であるロビンさんもそのうちの一人であった。

フランスの上級医学生は3か月間にわたり病院の様々な診療科で働く体験をし、指導を受けるインターンシップに参加することになっている。実はこのロックダウンが発令される前、ロビンさんは手の外科手術の実習を終えたばかりで、小児科のデイホスピタルでのインターンシップが決まっていたが、ロックダウンのため中止となってしまった。

実習の機会を奪われたロビンさんはその後、身近にあった果物を使って縫合手術の練習を開始した。一見奇抜なアイデアのように思われるかもしれないが、意外にも果物や野菜を使って模擬手術を行う外科医は多いのだという。外科医を目指すロビンさんも同じく果物を使った縫合手術が「すぐに恋しくなった」そうだ。さらに直接人と会うことが制限されるロックダウン下で「何かできることはないか?」と考えたロビンさんは、果物を使った縫合手術の様子を動画に収めてTikTokに投稿することにした。このようにして果物を擬人化して手術を行う「フルーツ外科医」は誕生したのであった。

ロビンさんの動画の中でも最も多く視聴されているのは、「ジュリアン」という名のマンゴーの皮膚膿瘍手術の様子だ。ロビンさんは皮膚膿瘍の細工が施されたマンゴーに、外科医が実際に行う手術のプロセスを動画で説明している。ロビンさんはまず、「ジュリアン」の患部に印をつけて皮膚を切開する。すると体内の腫瘍が放出され、患部を丁寧に洗浄する。そして清潔になった患部に綿のメッシュを入れて残った腫瘍を取り除く。

動画の中のロビンさんは、青い外科医のコートを着て聴診器を首から下げ、手袋を装着して手術を行っている。手術台にはピンセットやハサミなど様々な医療器具が揃えられており、実際に行われる手術さながらである。マンゴーの「ジュリアン」には目と口が描かれており、不安そうな表情をした患者の様子をイメージしているようだ。この皮膚膿瘍手術の動画は640万回以上も再生されている。

その他にもパイナップルやオレンジ、スイカ、ナスなどの手術解説の動画があり、それぞれに患者のパーソナリティーと病状が設定されている。スケートボードで転倒して脛骨を骨折したバナナの「サイモン」、電池を飲み込んでしまったバターナッツの「クエンティン」、緊急帝王切開をすることになったオレンジの「マリー」などがあり、病状は深刻なものであるがユーモアも効いている。またロビンさんは野菜や果物への細工にも手を凝っており、小さい果物やスパゲッティなどの他の食品を臓器に見立てて「なるべく現実的に」を心がけているそうだ。動画の完成には、内容にもよって1時間から4時間かかるそうだ。ちなみに彼は楽しむために動画を作っており、再生回数や視聴者数が目的ではないという。また優先するのは医師への道であって、ビデオグラファーではない。

最初は冗談のつもりで手術動画を作っていたロビンさんであったが、彼の制作した動画は少しずつ教育的なコンテンツとして認められていったという。実際にロビンさんの取り組みは医療関係者からも高く評価されており、グルノーブル大学の教授が婦人科の学会で彼の動画を使用したこともある。

ロビンさんの取り組みは医師を目指す人々にインスピレーションを与えており、手術に興味がある者や医学を学びたいという若者からメッセージをもらうこともあるそうだ。また手術を受ける患者から感謝のメッセージを受け取ることもあるという。ロビンさんの分かりやすい手術動画によって患者は手術内容の理解を深めることができ、安心した気持ちで手術に臨むことができるのだ。さらにロビンさんは、TikTokアカウントで臓器提供や脳卒中、てんかんに関する啓発活動も行っている。

しかし数か月前からロビンさんのTikTokでの活動は少なくなっている。医師を志す者として、まずは研修医になるための試験勉強に集中しなければならないのがその理由だ。ロビンさんの専攻はもちろん外科であり、時間に余裕ができたら「フルーツ外科医」としての活動も再開するという。

画像は『Le Parisien 2022年4月30日付「L’?tudiant en m?decine op?re des fruits sur TikTok et ?a cartonne」』『Fruitrurgie 2021年10月13日付TikTok「Ok celle ci est un peu degueu, mais plut?t r?aliste」、2021年10月21日付TikTok「Il faut tout de suite allez op?rer Emma au bloc de gyn?cologie」、2021年8月19日付TikTok「Op?ration de d?torsion t3sticulaire pour Timoth?.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 H.R.)

関連記事(外部サイト)