我が子を亡くした母猫、同居犬の子犬を世話する姿に「母性に種族は関係ない」と感動の声(豪)<動画あり>

我が子を亡くした母猫、同居犬の子犬を世話する姿に「母性に種族は関係ない」と感動の声(豪)<動画あり>

我が子を亡くした母猫、同居犬の子犬を世話する姿に「母性に種族は関係ない」と感動の声(豪)<動画あり>の画像

今年3月、オーストラリアのある家で飼っている猫が我が子を亡くしてしまった。ところが同じ時期に同居犬が子犬を出産すると興味を示し、優しく毛繕いをして毎晩一緒に眠るなど母犬と一緒に子犬たちの育児に参加し始めたのだ。種を超えて子に愛を注ぐ姿には「種族なんて関係ない。母親は母親なんだ」と感動の声があがっている。『The Mirror』などが伝えた。


豪ビクトリア州メルボルン在住のシャネルさん(Chanelle)がTikTokに投稿した動画には、猫が3匹の子犬を優しく毛繕いしている姿が映っている。この猫はシャネルさんが飼うチャコールベンガルという種類の“メディナ(Medina)”で、3月24日に我が子を亡くしたばかりだった。

メディナが子猫を亡くしてしまったのと同じ時期に、偶然にもシャネルさんが飼っているカブードル(キャバリア・キングチャールズ・スパニエルとプードルのミックス犬)という種類の犬が子犬を出産しており、メディナはすぐにこの子犬たちに興味を示し始めた。しかしこれまで母犬と同居していたとはいえ、初めて子犬を目の前にしたメディナが危害を加えるのではないかと心配したシャネルさんは、最初の3週間ほどはメディナが子犬に近づかないように警戒していた。

それでも少しずつ子犬に近づくメディナを見たシャネルさんは、子犬に危害を加える様子がないと判断して対面させることにした。ついに子犬と接することができたメディナは1匹ずつ優しく毛繕いし、行き場のなかった母性を存分に発揮したのだ。

動画には子犬と同じベッドに入って横になり、子犬たちに埋もれながら毛繕いをするメディナの姿があった。子犬たちも怯えることなく、普段と変わらずリラックスした様子でメディナのそばで過ごしていた。メディナは夜になると必ず子犬たちと一緒のベッドで眠るようになり、母犬はその間に別のベッドで眠りゆっくりと疲れを取ることができているという。

この動画がTikTokで公開されると、今月14日の時点で再生回数が160万回を超えて大反響を呼んだ。コメント欄には「素晴らしい母猫になったね」「子犬たちは2匹のママに恵まれて幸せだ」「子猫を亡くしても母親としての本能は失われなかったんだ!」「種族なんて関係ない。母親は母親なんだね」など感動の声が寄せられた。

なお少し前にはイギリスで、2年続けて卵を産むも母鳥になれなかったフクロウが2羽の孤児を瞬時に受け入れたというニュースが話題になっていた。

画像は『Kiwigirlxoxox 2022年5月1日付TikTok「Love」「Reply to @stepback18 in the end he does make it」、2022年5月5日付TikTok「Reply to @jennyjill0」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)