スタート直後に靴が脱げてしまった7歳少女、履きに戻るも諦めずに走り1着でゴール(米)<動画あり>

スタート直後に靴が脱げてしまった7歳少女、履きに戻るも諦めずに走り1着でゴール(米)<動画あり>

スタート直後に靴が脱げてしまった7歳少女、履きに戻るも諦めずに走り1着でゴール(米)<動画あり>の画像

今月7日、アメリカで行われた徒競走で7歳少女が目を見張る走りを見せて話題を呼んでいる。スタート直後に少女は片方の靴が脱げてしまい、それを拾って履き直すというタイムロスをしてしまった。誰もがここから追い上げるのは絶望的と思うなか、少女は諦めることなく前を向いて走り、どんどん相手を追い抜いて1着でゴールしたのだ。少女の素晴らしい走りを捉えた動画はネット上で拡散され、注目を浴びている。『New York Post』などが伝えた。


米ネブラスカ州オマハにあるノースウェスト高校で今月7日、陸上選抜大会が開催された。5〜18歳を対象とした陸上競技クラブ「Apollo Track Club of Omaha」に2年間所属しているタラヤ・クロフォードちゃん(Talaya Crawford、7)はこの日、100メートル走と200メートル走に出場した。

注目が集まったのは、タラヤちゃんが200メートル走に出場したレースだ。当時の様子を捉えた動画には、タラヤちゃんをはじめ選手らがスタート位置につく姿が映っている。そしてスタート音が鳴り一斉に走り出したが、画面中央にいたタラヤちゃんはスタートと同時に片方の靴が脱げてしまったのだ。

すぐにスタート位置に戻り靴を拾って履き直したが、その間にも他の選手はどんどん先に進んでしまい、タイムロスをしたタラヤちゃんにとって絶望的な状況だった。普通ならここで諦めてしまってもおかしくないが、タラヤちゃんは前を向いて全力で走り始めた。動画では、そんなタラヤちゃんの健気な姿を見て「行けー!」と何度も叫んで応援する声が録音されている。

「完走できればそれでいい」と誰もが思ったはずだが、ここからタラヤちゃんは予想外にスピードを上げていった。そしてカーブを越えたあたりでタラヤちゃんは他の選手に追いつき、最後の直線に入ると次々と他の選手を抜かし、最後は2位の選手と大きく差をつけて見事1着でゴールした。

実はタラヤちゃんの父親はボクサーで、現世界ウェルター級の王者であるテレンス・クロフォードさん(Terence Crawford)だった。タラヤちゃんが見せた諦めずに走り続けた粘り強さや、抜きん出た運動神経はテレンスさん譲りなのかもしれない。

今回の動画を撮影したテレンスさんは「昨日の娘の陸上大会での出来事が頭から離れないんです。娘はどれだけ私にモチベーションを与えてくれたのか分かっていません。これこそが諦めない心とやり抜く力。娘は逆境に見舞われても全てを出し切りました」とコメントした。

タラヤちゃんが所属するクラブのヘッドコーチであるシャンタ・ポールさん(Shunta Paul)によると、靴が脱げてしまった当時、タラヤちゃんはレースを中断するように大声で叫んでいたという。しかしレースの続行が分かると、タラヤちゃんはすぐに気持ちを切り替えて走り出したのだ。シャンタさんは1着でゴールしたタラヤちゃんを褒めたが、本人はスタートに失敗してしまったことを恥じていて、周囲を驚かせた事実に気付いていなかったという。またシャンタさんは「タラヤは負けず嫌いなんです」とその性格も明かした。

今大会の主催団体のヘッドコーチであるマーキス・トーマスさん(Marquis Thomas)は「他のスポーツをしている学生の選手たちも、今回タラヤが見せた強さとガッツ、その強い意思にインスパイアされたことでしょう。懸命に努力し、目標を持ち続けて前に進むという意思を目にすることはとても素晴らしいことです。あの子の目標は1位になることであり、その目標を追い続けたのです」とタラヤちゃんのスポーツに対する姿勢を絶賛した。

画像は『New York Post 2022年5月13日付「Little girl stuns by winning race ― after running back for lost shoe in epic video」(Jam Press Vid/@futurekodaks92/@t)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)