筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患う母親「息子の結婚式で一緒にダンスしたい」長年の夢を叶える(米)<動画あり>

筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患う母親「息子の結婚式で一緒にダンスしたい」長年の夢を叶える(米)<動画あり>

筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患う母親「息子の結婚式で一緒にダンスしたい」長年の夢を叶える(米)<動画あり>の画像

筋肉が萎縮することで力が入らなくなってしまう難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を患うアメリカ在住の母親が、先月に執り行われた息子の結婚式でダンスを披露した。自力で立つことができない母親が息子たちに支えられながらゆっくりと踊る姿がInstagramで公開されると感動的だと話題になり、「なんて美しい瞬間なんだ」といった声が多数寄せられている。『WFLA News Channel 8』などが伝えた。


米フロリダ州在住のキャシー・ポワリエさん(Kathy Poirier、55)は、進行性の神経疾患である筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患っている。

ALSとは体を動かすのに必要な筋肉が萎縮することで力が入らなくなってしまう難病で、一度発症すると症状が改善することはなく、最終的には呼吸不全に陥ってしまうという。

数年前にALSと診断され、現在は歩行ができず車椅子で生活しているキャシーさんは、息子の結婚式で一緒にダンスすることが長年の夢だった。そして4月9日に執り行われた息子ザックさん(Zak、28)と婚約者のアンニャ・ダデスキーさん(Anja d’Adesky、27)の結婚式で、ついにそれが実現した。

その感動的なダンスシーンがウェディングプランニング会社「Roots to Stems」のInstagramで公開されると、瞬く間に拡散した。

動画では、ザックさんが兄弟と共に車椅子のキャシーさんをダンスフロアまでエスコートするところから始まる。そして2人の息子に支えられながら車椅子から立ち上がったキャシーさんをザックさんが抱きかかえ、耳元で「I love you」と囁きながら音楽に合わせてゆっくりと動き出す。息子たちの腕に抱かれ感極まったキャシーさんの目には涙が溢れ、ダンスを終えると招待客からはスタンディングオベーションが送られた。

のちに自身のInstagramでもキャシーさんとのダンスシーンを投稿したザックさんは、最愛の母についてこのように綴った。

「母は私がロースクール(法科大学院)を卒業する少し前にALSと診断されました。それ以来、私は母が勇敢に病気と闘い、困難に立ち向かう姿を見てきました。自力で立つことができないにもかかわらず、私の結婚式で母と私はダンスを披露しました。母のおかげで私はいつも謙虚で親切で無私無欲でいられます。私にとって最愛の母です。」

なお「Roots to Stems」が投稿した動画は350万回以上の再生回数を記録しており、ユーザーからはこのようなコメントが寄せられた。

「本当に美しい瞬間です。私は昨年、父をALSで亡くしました。結婚式の間、父はほとんど歩くことができませんでしたが、私たちは父の病名を知りませんでした。私も父と踊りたかった。ザックさんの家族を応援しています。」
「美しい物語だ。あなたのお母さんは素晴らしいですね。この動画を拝見できて光栄です。」
「この動画を見ていると、母との思い出がよみがえって涙がこぼれます。なんて美しい瞬間なんだ。」
「とても素敵。これは忘れられない特別な瞬間となるでしょう。」
「思わず涙が出ました。お母様は素晴らしい息子さんをお持ちですね。そしてあなたたちは彼女のような素晴らしく、強く、美しい母を持つことができてとても恵まれています。」
「お母様はとても特別で愛されていることを実感したと思います。この上なく美しい投稿をありがとうございました。」

画像は『Zak Poirier 2022年4月29日付Instagram「My Mom was diagnosed with ALS shortly before I graduated law school.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連記事(外部サイト)