ベストフレンドの犬に顔を噛まれた5歳男児 「息子は笑うことができなくなってしまった」と母親(米)

ベストフレンドの犬に顔を噛まれた5歳男児 「息子は笑うことができなくなってしまった」と母親(米)

ベストフレンドの犬に顔を噛まれた5歳男児 「息子は笑うことができなくなってしまった」と母親(米)の画像

米ミズーリ州で今年1月、5歳男児が飼い犬に襲われた。犬は男児が2歳の時から飼っている“ベストフレンド”で、母親は「今でも事故が起きたことが信じられない」と複雑な心境を吐露し、事故の詳細について語った。『The Mirror』などが伝えている。


ミズーリ州ウェンツビルに住む4児の母アマンダ・ダリーさん(Amanda Dally、35)は1月8日、パートナーのクリストファーさん(Christopher、34)とリビングでくつろいでいたところ2階の子供部屋から悲鳴に似た叫び声がするのに気づいた。

その日、寝室では末っ子のブラントリー・マニオン君(Brantley Manion、5)がディズニー映画を見ており、2人が駆けつけるとメスの愛犬“マーリー(Marley、3)”がブラントリー君の体を両足で押さえ激しく攻撃していた。

アマンダさんは当時のことをこのように振り返る。

「私たちは息子からマーリーを引き離そうとしましたが暴走は止まりませんでした。最初はマーリーが覆い被さっていてブラントリーの姿が見えなかったのですが、クリストファーがマーリーを引き離すと息子は横になったまま両手で顔を押さえていました。」

「近づいて見るとブラントリーの顔の右側は噛みちぎられ、頬の肉片の一部がぶら下がっているのが分かりました。辺りは血だらけで、噛まれた頬からは歯が見えていました。」

「ブラントリーは病院に搬送されて3時間に及ぶ手術を受けましたが、右側の顔靭帯を損傷し、口の片側が動きません。また顔の左右が非対称で、笑うこともできなくなってしまったのです。」

マーリーは狩猟犬であるオリジナル・マウンテン・カーとイングリッシュ・ポインターのミックスで、一家はマーリーが生後9週の時から一緒に暮らしていたという。

アマンダさんはマーリーについて「優しくて家族を常に守ってくれる犬で、それまでは攻撃的になったり唸り声をあげたことはありませんでした。マーリーが息子を噛んだ理由として唯一考えられるのは、その日の夕食だったステーキを食べていたマーリーをブラントリーが撫でようとしたことです」と述べ、「安楽死という選択をせざるを得なかった」と明かすとこう続けた。

「担当の外科医には『犬に襲われる事故はペットによるものがほとんどだ』と言われました。実はクリストファーも子供の頃、シベリアンハスキーに襲われたことがあり、マーリーはみんなで彼を説得して飼い始めた犬でした。」

「私たちはマーリーに対する敵意などは一切ありませんでしたが、子供たちには『マーリーは眠りにつくのよ』とだけ説明し、警察の勧めで安楽死処分にしたのです。そんな状態ですから、子供たちはマーリーにお別れを言うことはありませんでした。」

「マーリーはブラントリーが2歳の時に自分で選んだペットで、それからはいつも一緒でした。だから事故が起きた後でも『マーリーは悪くない。他の犬はいらないからマーリーを返して欲しい』と言っています。でもどんなにお願いされても、マーリーを手元に置いておくことはできなかったのです。」

なおブラントリー君は右側の口が半分に引き裂かれてしまい、まずは口角を作る手術が必要だという。ただこれからどれだけ手術が必要なのかは経過をみないと分からないそうで、アマンダさんは顔の形成手術などのためにクラウドファンディングサイト『GoFundMe』を立ち上げて寄付を呼びかけている。

ちなみにこのニュースには「早く回復しますように」「どんなに可愛い犬であっても、子供のそばでは大人が監視すべき」「犬が子供の寝室でステーキを食べていたの? 起こるべくして起きたのでは?」「何度も同じようなニュースを聞く。飼い主はいい加減、過去の事例から学ぶべきだ」「子供にとって、トラウマになる」「犬も可哀そうだ」といった声があがっている。

画像は『The Mirror 2022年5月18日付「Beloved family dog tears off boy’s cheek after stroking her while pet ate steak」(Image: Kennedy News and Media)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)