夫71歳と妻25歳、出会って4週間で結婚した夫婦 「幸せ」と語るも「家族は反対」「怖いのは夫の死」(米)

夫71歳と妻25歳、出会って4週間で結婚した夫婦 「幸せ」と語るも「家族は反対」「怖いのは夫の死」(米)

夫71歳と妻25歳、出会って4週間で結婚した夫婦 「幸せ」と語るも「家族は反対」「怖いのは夫の死」(米)の画像

今から2年前に出会ってから4週間で結婚した年齢差46歳のカップルが、『The Sun』のインタビューに応じた。現在25歳の妻が71歳の夫と外出すると“祖父”に間違えられることもあるそうで、女性の家族や友人のほとんどは2人の結婚を認めていないという。


米ペンシルベニア州フィラデルフィア出身のダニエルさん(Danielle、25)が、同州ソルトスバーグに住む46歳年上のハワード・ライフさん(Howard Reiff、71)と出会ったのは2019年9月のことだった。

ダニエルさんは当時22歳で、眠気、骨や筋肉の痛み、疲れ、食欲不振、体重の増加など西洋医学では説明できない症状に長い間悩まされており、友人にレイキ(霊気)のマスターであるハワードさんを紹介してもらったのだった。

レイキとは施術者が自分の手から患者にエネルギーを与え、治癒を促進する補完療法の一つで、ダニエルさんは「これ以上、今の状態で生きていくことはできない。病気が治るなら何でもする」と約500キロ離れたハワードさんの自宅へと向かった。藁にもすがる思いだった。

ダニエルさんは治療初日のハワードさんの印象について「彼の頭頂部にほとんど髪はなく、側頭部は白髪が生えていて、60歳後半くらいに見えました」と明かすと、その後のやり取りについて次のように述べた。

「ハワードはクリスタル・ヒーリングやジェム・ヒーリングなど様々な資格を持っていました。最初はクロモテラピー(カラーセラピー)を受けたのですが、自分でも信じられないくらい体が楽になるのを実感し、その週に2回目の治療を受けました。」

「私たちはとても気が合い、私は彼と心が繋がるのを感じました。そして彼も、私と同じように感じているのが分かりました。」

「ある日のこと、私はハワードに年齢を質問して68歳であることを知りました。彼は46歳も年上でしたが、年齢差は気になりませんでした。私のハワードへの熱い想いは募るばかりで、彼に『同年齢の男の子たちはみんな子供に思えるの。男性として見ることはできないわ』と愚痴を言ったことを覚えています。」

一方のハワードさんはというと、ダニエルさんと初めて会った日のことを次のように語っている。

「重い病気のダニエルを初めて見た時、彼女を治すのは自分の義務だと感じました。ただ責任を感じる一方で、自分の心の扉が開き、彼女に癒されているのが分かりました。ダニエルとの年齢差が大きいのは知っていましたが、『大丈夫だろう』とさほど気に留めてはいませんでした。そして6度目の治療後に、私は彼女への想いを打ち明けたのです。」

ダニエルさんはハワードさんのプロポーズにもなったその日の会話について、こう明かした。

「ハワードは私にこう言ったのです。『私はかなり前に、“あなたは若い妻と結婚する”と予言されたことがあってね。君を初めて見た時に、“この人だ”とピンときたんだ』とね。私はその言葉に舞い上がり、『喜んであなたの妻になるわ』と答えたのです。」

こうしてその翌週、2人は家族や友人らに内緒で結婚式を挙げた。最初の出会いから4週間後のことで、その後間もなく同居を開始、しかしダニエルさんが自分の母に結婚したことを告げたのは数週間経ってからだったという。

ダニエルさんは「母は自分よりも15歳年上のハワードとの結婚を受け入れてはくれず、病気が治ったことを伝えても『きっと治療中に洗脳されたのだろう』と取り合ってくれませんでした。私たちのことはすぐに家族、友人に知れ渡りましたが、ほとんどの人が結婚を認めてくれなかったのです」と肩を落とす。またこれまで一度も結婚したことがないハワードさんも「私の40年来の親友も結婚を受け入れてくれなくてね。焼きもちをやいているのか、もう2年も話をしていないよ」と苦しい立場を明かした。

そんな2人が外出すると、人々はハワードさんを見て「祖父でしょう」とか「お父さんだよね」と言ってきたり、「冗談だよね?」と笑われたりするそうで、ダニエルさんは「最初は気にしていたけど、大切なのは私たちの間に愛があるということ。今は笑い飛ばすことにしているわ」と語っている。

ちなみに配送ドライバーとして働いていたハワードさんはすでに退職し、現在は一日に3回の昼寝が欠かせないようだ。ダニエルさんは「私は友人らと外出するのが好き。ハワードはそんな私に『楽しんできてね』『君が幸せで嬉しいよ』と言って送り出してくれるわ。彼はとても愛情あふれる、優しいパートナーなのよ」と述べると、こう続けた。

「ハワードのおかげで私の病気は完治したの。彼は私の命の恩人よ。彼の年齢を考えるともう子供はできないけど、私はその現実をしっかり受け止めているわ。」

「それに私たちは彼の死についても話をするの。私が一番恐れていることは、未亡人になって、みんなに『だから言わんこっちゃない』と叩かれることよ。」

「ただ私たちは残りの人生を共に過ごすことをとても大切に思っているの。人にどう判断されようと、私は彼なしで生きるより、短い間でもいいから彼と一緒に過ごしたいわ!」

画像は『The Sun 2022年5月18日付「HEAL TURN I married a man 46 years older four WEEKS after meeting − family disowned us & strangers think he’s my grandad」(Credit: HotSpot Media)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連記事(外部サイト)