ペットのガチョウを救うため、授乳したまま外へ出てワシを追い払った母親(カナダ)<動画あり>

ペットのガチョウを救うため、授乳したまま外へ出てワシを追い払った母親(カナダ)<動画あり>

ペットのガチョウを救うため、授乳したまま外へ出てワシを追い払った母親(カナダ)<動画あり>の画像

「母は強し」という言葉があるように、母親はいざという時にたくましい一面を見せることがある。このほどカナダ在住の母親が、ペットのガチョウをワシから救うため赤ちゃんに授乳したまま躊躇なく外に飛び出して事なきを得たという。『CTV News Vancouver Island』『New York Post』などが伝えている。


カナダのブリティッシュコロンビア州にあるバンクーバー島ノース・サーニッチで、ペットのガチョウをハクトウワシから救ったケイト・オークリーさん(Cait Oakley)の動画が注目を集めている。ケイトさんと夫のマイク・ラジックさん(Mike Lazic)はペットとして“フランキー(Frankie)”という名前のガチョウを飼っているが、今月半ば頃にフランキーがハクトウワシに襲われるハプニングが起きた。

フランキーは自宅前庭で遊んでいたが突然、空からハクトウワシが急降下してきた。危険を感じたフランキーはケイトさんたちに助けを求めるようにして悲痛な声をあげながら玄関ドアに向かって逃げようとしたが、その場で捕えられ地面を引きずるようにして連れ去られそうになった。

その時、自宅で下着姿のまま赤ちゃんへ授乳していたケイトさんがフランキーのただならぬ鳴き声に気づいて、赤ちゃんを抱いたまま服もまとわずに外へと飛び出した。当時の様子は自宅の監視カメラが捉えており、映像にはボクサーパンツをはいただけのケイトさんが赤ちゃんを抱きながらハクトウワシを追い払う姿があった。

フランキーを無事救出することができたケイトさんは、のちにメディアのインタビューでこのように語っている。

「フランキーの鳴き声がいつもと違う感じだったので、私は赤ちゃんに授乳中だったのですが玄関ドアに向かったのです。ドアを開けるとワシがフランキーを襲っていてその瞬間、私は『フランキーを離して!』って頭の中で叫んでました。」

ケイトさんはボクサーパンツ1枚の姿のままワシに向かって怒鳴りながら突進していったところ、ワシは驚いてフランキーを離し、その場から逃げていった。その後、ケイトさんの怒鳴り声に気づいたマイクさんが続いて外へやって来て、ケイトさんの姿を見るなり「上半身裸じゃないか!」と発したという。

一方で命拾いしたフランキーは、アライグマなどに遭遇して危険を感じた時はケイトさん夫婦に助けを求めるためにいつも鳴き声をあげながら玄関前にやって来るそうだ。今回も玄関ドアに駆け寄って激しい鳴き声をあげたことが、ケイトさんに危険を知らせることに繋がったようだ。

またケイトさんは「フランキーは間違いなく私たち家族の一員なのです」と語っており、夫婦にとってフランキーは家族同様の存在だと明かしている。今回監視カメラが捉えた“救出劇”の映像は、ケイトさん夫婦によって今月17日にTikTokに投稿されると反響を呼び、これまでに1770万回もの視聴回数を記録している。

ちなみに後日投稿された別の動画でケイトさんは、フランキーを救出した当時にはいていたボクサーパンツは夫マイクさんのものだと明かし、フォロワーに笑いをもたらしている。

画像は『New York Post 2022年5月19日付「Topless mom in her undies rescues pet goose from bald eagle in shocking video」(frankythegoose/Tiktok)』『Mikey 2022年5月17日付TikTok「We have lost 3 chickens in the last week from what I was told was eagles which I believed hawks were preying on them but watch Frankie (our female goose) get taken.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連記事(外部サイト)