ラグビー試合に負けた腹いせか 対戦相手に小銭を投げつけたエリート高生徒に非難続出(南ア)

ラグビー試合に負けた腹いせか 対戦相手に小銭を投げつけたエリート高生徒に非難続出(南ア)

ラグビー試合に負けた腹いせか 対戦相手に小銭を投げつけたエリート高生徒に非難続出(南ア)の画像

南アフリカ・ケープタウンで行われた高校ラグビーの試合後、負けた高校の生徒が相手チームの生徒に向けて小銭を投げつけた。この負けた高校は私立で授業料が高いことで知られているため、「エリート主義」と非難されるなど物議を醸している。『TimesLIVE』など多くのメディアに取り上げられた。


南アフリカでは学校のスポーツ競技でかなり盛り上がることが多い。観戦者も生徒や保護者だけでなく、近隣の高校生やスポーツ関係者など大人数となり、自然と応援にも熱がこもる。今回問題となったのは、5月21日に行われた私立の「ビショップス(Bishops Diocesan College)」と公立の「ワインバーグボーイズ(Wynberg Boys High School)」の高校ラグビーの試合だった。どちらも男子校で、スポーツ強豪校である。白熱の試合は、20対14でワインバーグボーイズが勝利した。

しかし試合後、ビショップスの生徒数名がワインバーグボーイズの生徒に向かってコインを投げつけたという目撃情報がソーシャルメディアに投稿されて物議を醸した。

目撃した保護者によると「私の息子は『親のお金を投げるのはやめろ』と言いながらも、6ランド(約50円)を拾って喜んでいました。ちなみに息子は黒人で正直、人種差別ともとられかねない」と語っている。当の息子はメディアのインタビューに応じ「コインを投げたのは応援に来ていたビショップスの生徒たちで制服を着ていました。彼らがワインバーグボーイズのサポーターに50枚くらいの2ランド(約17円)コインを投げているのを見ました。最初はみんな戸惑っていましたが、怒りを露わにするワインバーグボーイズの生徒もいれば、何も言わない人もいましたね。ビショップスの生徒は本当に意地が悪い」と話していた。

他の保護者によると、ビショップスは他校の試合でもコインを投げつけているそうで、彼らの間違ったエリート主義の振る舞いは何年も前から続いているとのことだった。ちなみにビショップスの授業料は年間約17万ランド(約140万円)と南アフリカ国内でもずばぬけて高い。一方のワインバーグボーイズは5万ランド(約41万円)と公立では高額な授業料だが、プロスポーツ選手などを輩出している。

ビショップスのトニー・リーラー校長(Tony Reeler)は、『TimesLIVE』の取材に対し「この事件はほとんどの生徒、職員、保護者、当校の卒業生を代表するものではありません。今回の件は少数の生徒が責任を取るべき問題です。内部調査を行い、該当する生徒を処分する方針です。私たちは、長年にわたり良い関係を築いてきた尊敬するワインバーグボーイズの皆さんに心からお詫び申し上げます」と述べている。一方でワインバーグボーイズは「ビショップスからこの事件に対処しているという連絡を受けたので、彼らの対処を信頼し尊重します」とのことだった。

なお南アフリカの非営利団体「Equal Education」のステイシー・ジェイコブス氏(Stacey Jacobs)は「不名誉でとても容認できない」とし、「南アフリカ憲法第9条と第10条で規定されている学習者の平等と尊厳の権利を侵害するもの」と主張した。

今回の件を伝えた『News24』のFacebookには「品格やスポーツマンシップはお金で買えない」「この学校のエリート主義は昔からある」といったコメントや、「この場所に行ってもっとお金を投げてくれと言いたかった」「最近はお金に困っているのね。紙幣を投げることができない」といった皮肉も多数見られた。

ちなみにビショップスは2019年、女性のウォーターポロのコーチが複数の生徒と関係を持ったことが明るみに出て問題になったことがある。

画像は『News24 2022年5月25日付「Parents fuming after ‘elitist’ behaviour blights Bishops-Wynberg schools’ rugby match」(PHOTO: Supplied)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

関連記事(外部サイト)