ボクシング試合で負けた選手のトレーナー、リング上で対戦相手に顔面パンチ(南ア)<動画あり>

ボクシング試合で負けた選手のトレーナー、リング上で対戦相手に顔面パンチ(南ア)<動画あり>

ボクシング試合で負けた選手のトレーナー、リング上で対戦相手に顔面パンチ(南ア)<動画あり>の画像

南アフリカでは、ラグビーやクリケット以外にボクシングも昔から人気のスポーツである。故ネルソン・マンデラ元大統領も若い頃からボクシングをたしなんでおり、自伝『Mandela: Long Walk to Freedom』の中で「ボクシングは平等主義だ。リングの上では地位も年齢も肌の色も貧富の差も関係ない」と述べていたが、その美しい精神を台無しにするトレーナーが現れた。『The Mirror』など複数のメディアが伝えている。


南アフリカのヨハネスブルグにある「ボイセンズ・ボクシングクラブ(Booysens Boxing Club)」で5月29日、ボクシングフェザー級の試合が行われた。ジェフ・マガガネ選手(Jeff Magagane)とライバルのシテムビソ・マドゥナ選手(Sithembiso Maduna)の対戦は国営テレビで放送されたが、最終10ラウンドにマガガネ選手はコーナーに追い詰められるも必死にガードを固め、ラウンドが終了する前にコーナーから離れることができた。試合終了のゴングが鳴ると、マガガネ選手は勝利を確信したのか対戦相手に向かって自信たっぷりに両手を広げ、ロープに上がると勝利のポーズで観客に敬意を表した。

するとそこにマドゥナ選手のトレーナー、マイケル・セディアン氏(Michael Sediane)がリングに上がった。セディアン氏はマガガネ選手に近寄って感情的に話していたが突然、マガガネ選手にパンチを放ったのだ。最初のパンチはマガガネ選手の左頬に入り、その後も左右にパンチを放つセディアン氏だったがマガガネ選手は逃れようと防御している。そばにいたマドゥナ選手は動くことなく見守っており、マガガネ選手のトレーナーはリングサイドから乗り出してセディアン氏の攻撃を抑えようと腕を伸ばしていた。

この騒動の後、すぐに放送は試合のリプレイに切り替わった。セディアン氏に対峙すべくリングに向かう興奮したファンがいたものの、それは阻止されたという。その後、マガガネ選手の判定勝ちが正式に宣言された。

今回の件について、「ボクシング南アフリカ(Boxing South Africa)」は「セディアン氏の行為は、ボクシング法と規則が掲げる精神に反し、このスポーツの評判を落としている」「ボクシングはプロのスポーツであり、すべての選手は常にプロとして行動することが期待されている」と声明を発表、またマガガネ選手と彼のチームに謝罪した。

ちなみにセディアン氏は、マドゥナ選手が国内フェザー級チャンピオンのアサンダ・ギンギ選手(Asanda Ginqgi)と対戦した際、ボクシング南アフリカのハウテン州マネージャーであるファカミレ・ジャコブス氏(Phakamile Jacobs)とテレビの生中継で激しい口論を繰り広げたこともあり、感情を抑えきれないタイプのようだ。

画像は『RT 2022年6月1日付「Boxing trainer storms ring to attack fighter’s opponent (VIDEO)」(Twitter / Tim Boxeo)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

関連記事(外部サイト)