ニューヨークのバーに迷い込んだオポッサム、つまみ出した女性に「彼女はヒーロー」と絶賛の声<動画あり>

ニューヨークのバーに迷い込んだオポッサム、つまみ出した女性に「彼女はヒーロー」と絶賛の声<動画あり>

ニューヨークのバーに迷い込んだオポッサム、つまみ出した女性に「彼女はヒーロー」と絶賛の声<動画あり>の画像

先月26日、野生のオポッサムが米ニューヨークにあるバーに入り込み、店内は一時パニックとなった。外に逃げることができず店内の片隅に隠れたオポッサムを見つけた女性は、慎重に近づくと首根っこを掴むようにして捕獲に成功した。無事にオポッサムを店外へ逃がした女性の行動に、その場にいた人々だけでなくネット上からも称賛の声があがっている。『New York Post』などが伝えた。


野生のオポッサムが現れたのは米ニューヨーク州ブルックリンのグリーンポイントにあるバー「Temkin’s Bar」で、バーの外で友人とお酒を楽しんでいたサラ・フルトンさん(Sara Fulton、33)は1匹のオポッサムが開いていたドアから店内に入っていくのを目撃した。サラさんは「何かの生き物が店内に走り込んでいくのが見えて、『今のって犬? ネズミ?』と思わず友人と顔を見合わせていました」と当時を振り返った。

「ネズミにしては大きすぎる。オポッサムに違いない!」とサラさんが友人と話していると店内から悲鳴が聞こえ、オポッサムが狭い店内に突然現れたことで多くの客が一時パニック状態になってしまった。そんな状況を見たサラさんは颯爽と店内に入っていき、オポッサムの姿を探した。そして店内の片隅で怯えていたオポッサムを見つけると、ゆっくりと近づき捕獲することに成功した。

当時の様子を捉えた動画では、テーブルの奥で屈んでオポッサムを捕まえようとするサラさんの後ろ姿が映っており、しばらくして立ち上がったサラさんの手には首根っこを掴まれたオポッサムの姿があった。サラさんはそのまま出口へと歩いて行き店の外に出ると、少し離れた場所でオポッサムを逃がしていた。

周囲で見守っていた人々は「オーマイガー!」などと口にして驚いており、平然と野生のオポッサムを捕まえたサラさんの行動に衝撃を受けていた。場所はニューヨークという大都会だったこともあり、野生動物に慣れていない人が多かったようだが、サラさんは広大な大自然に囲まれたアラスカ州の出身で「昔はよくキャンプに行っていたのですが、キャンプ場にクマがよくいたんです」と明かしており、野生動物との接点が多かったという。

そんなサラさんは「本能的にオポッサムに近づいて、『怖いよね。もう大丈夫だよ。痛くないように捕まえて外に出してあげる』という感じでしたね」と捕獲した当時を明かしている。

恐れることなく自然にオポッサムを捕まえて逃がしたサラさんの行動を捉えた動画がInstagramに投稿されると注目を集め、瞬く間に拡散された。ユーザーからは「さすがアラスカ出身だ」「扱い方がプロだね」「無害な動物を逃がしてあげた彼女はヒーローだよ」「私がこの店のオーナーなら、彼女にビールを一生おごるよ」など大絶賛の声が届いていた。

サラさんは「私にとってはただの野生動物でしたので、お店にいた人たちから『君はヒーローだ!』と言われた時は、『え? ヒーロー?』という感じで驚きました。ただ今はアラスカにいるわけではないですし、毎日見るようなものではないと認識しないといけないですね」と笑ってコメントした。

なお少し前には、人で溢れた野球場に野生のアライグマが現れて素手で捕まえた男性も大きな話題を呼んでいた。

画像は『New York Post 2022年6月3日付「Opossum causes chaos in NYC bar ― until brave Alaska woman saves day」(Instagram / @sarakalee)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連記事(外部サイト)