キャンプ場でかくれんぼをしていた9歳少女 野生のクーガーに襲われ大怪我(米)

キャンプ場でかくれんぼをしていた9歳少女 野生のクーガーに襲われ大怪我(米)

キャンプ場でかくれんぼをしていた9歳少女 野生のクーガーに襲われ大怪我(米)の画像

先月28日、米ワシントン州のキャンプ場でかくれんぼをして遊んでいた9歳の少女が野生のクーガーに襲われた。顔と上半身に大怪我をした少女は病院に搬送され、緊急手術を受けたのち3日間昏睡状態に陥ったという。幸いにも意識を取り戻し、現在回復に向かっている少女は「私は強く、勇敢なので大丈夫です」と話しているそうだ。『CNN』などが伝えた。


米ワシントン州で暮らすリリー・クリザニフスキーちゃん(Lily A. Kryzhanivskyy、9)は5月28日、スティーブンス郡のキャンプ場で友達とかくれんぼをして遊んでいたところ野生のクーガーに襲われた。

顔と上半身に大怪我をしたリリーちゃんはヘリコプターで病院に搬送され、緊急手術を受けたのち3日間昏睡状態が続いたという。

同州魚類野生生物局(Washington Department of Fish and Wildlife、WDFW)の広報担当、ステイシー・レーマン氏(Staci Lehman)は当時の状況をこう明かした。

「28日土曜日の朝11時頃、キャンプ場の森でかくれんぼをして遊んでいたリリーちゃんが友達を驚かそうと飛び出した時に野生のクーガーが襲いかかってきたそうです。クーガーはその場で殺処分されました。リリーちゃんは30日の朝まで昏睡状態で集中治療室に入院していましたが、現在は回復に向かっており精神状態も良好とのことです。入院中、彼女は我々に『私はタフで勇敢なので大丈夫、とみんなに伝えてほしい』と話してくれました。」

当局はその後、事故の経緯を把握するため現場調査を行ったそうで、WDFW警察のマイク・スプレッカー警部(Mike Sprecher)は今回の件についてこのように述べている。

「リリーちゃんを襲った若いオスのクーガーを詳しく検査した結果、狂犬病ではありませんでした。あっという間に起きた出来事でしたが、現場にいた大人たちが迅速に対応してくれたことに感謝しています。そして不運な事故に直面しながら回復に向かっているリリーちゃんの気力に深く感銘を受けています。」

「クーガーが人間を襲うことは稀で、ワシントン州では過去100年間に襲撃による死者は2人のみで、負傷者も19人にとどまっています。野生動物は私たちが思う以上に人間の近くには寄りたがらないものです。なので頻繁に起こるわけではありませんが、クーガーによる攻撃は時に深刻な事態を招くことがあります。」

完全に回復するまではまだ時間がかかるというリリーちゃん。そんな彼女のために叔母のアレックスさん(Alex)はクラウドファンディングサイト「GoFundMe」で医療費の寄付を募っており、そこには現在のリリーちゃんの様子が次のように綴られている。

「6月3日、リリーは退院して家族のもとに帰ってきました。彼女は届いたプレゼントをすべて開けて、事故の話を聞かせてくれたりピアノを弾いてくれたりしました。リリーの回復のためにお祈りいただき、支えてくださった皆様に感謝いたします。左目は1/8インチ(約3ミリ)と少しずつ開いてきていますが、完全に回復するにはこの先も多くの過程が必要です。引き続き皆様のサポートをお願いいたします。」

画像は『The Daily Star 2022年6月1日付「Girl, 9, suffers horror injuries after cougar pounced during hide-and-seek game」(Image: Go Fund Me)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連記事(外部サイト)